« 2010/12/26 Sun *ロックあれ! / AC/DC | トップページ | 2010/12/28 Tue *この一年の物語 / Free »

2010/12/27 Mon *地下で、地下から / T.Rex

20101227dandyintheunderworld


確かに。
天気はいいけど。
風が冷たいしな。

そりゃ。
片づけなきゃならないけど。
急ぐ気にもなれないしな。

寒さを避けて。
慌しさを無視して。
ここらでぼちぼち。
そこいらでちょいと。

もぐって。
ひそんで。
のんびりと。
ゆっくりと。
一杯の珈琲でもと。

『Dandy In The Underworld』'77年リリース。
マーク・ボランの生前に発表されたT.レックスのラスト・アルバム。
盟友ミッキー・フィンとも別れて。一旦は解散を決意してアメリカに渡り。
この前年にロンドンに舞い戻って。吹き荒れていたパンクの嵐に刺激を受けて。
再度メンバーを募ってレコーディング、そしてツアーにと最後の一花を咲かせてみせたボラン。
集まってきた面子の中にはあのミラー・アンダーソンやトニー・ニューマンもいて。
その2人が参加したナンバーも収録されています。久々にソリッドなサウンドでロックするボランです。
流石にT.レクスタシーの再現とまではいってないものの。変わらないフニャフニャで、ヘロヘロで。
そしてギンギラに輝くボラン・ブギーのその一端、最後の輝きを感じさせてくれるアルバムです。
元祖ヘタウマでもあるボランです。パンクにはシンパシーを感じていたんだろうなぁと。
最後、最後にはなってしまったけど。本人はまだまだもう一花も二花も咲かせてやろうと思っていたのでしょうか。
それとも。ちょっと斜に構えて、半歩引いて。影の大御所みたいなポジションでも狙ってたのかな。
そうやって考えると。タイトルが意味深だったりもしますが。地下世界に潜って気儘にブギーするボラン。
そんなボランもですね、聴いてみたかったかな。このタイトル、そしてジャケット好きなんだよなぁ。

確かに。
面白そうだけど。
興味ないしな。

そりゃ。
そっちの意向もあるけれど。
いまいち楽しめそうもないしな。

煩わしさを避けて。
呼び出しも無視して。
ここらでぼちぼち。
そこいらでちょいと。

もぐって。
ひそんで。
のんびりと。
ゆっくりと。
珈琲でも飲みながら。

誰かにとって。
皆にとって。
当たり前でも。
大事だとしても。
俺にとっては。
いま。この時。
何が面白いか。
何が楽しめるか。
そのことの方が。
それだけが。
重要で。
総てで。

だから。
いまこの時。
地下にでも。
もぐって。
ひそんで。
一杯の。
熱くて。
美味しい珈琲を。
それが。
何よりも。
最優先だったりするんだな。

地下で。
地下から。
現実感のない。
この世界を。
眺めている。
それが。
何よりも。
心地良かったりするんだな。

|

« 2010/12/26 Sun *ロックあれ! / AC/DC | トップページ | 2010/12/28 Tue *この一年の物語 / Free »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/50445804

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/12/27 Mon *地下で、地下から / T.Rex:

« 2010/12/26 Sun *ロックあれ! / AC/DC | トップページ | 2010/12/28 Tue *この一年の物語 / Free »