« 2011/01/28 Fri *2倍!2倍? / Kiss | トップページ | 2011/01/30 Sun *雪でした / Ritchie Blackmore's Rainbow »

2011/01/29 Sat *だって、好きなんだもん! / The Rolling Stones

20110129rarities


だって。
だってね。

前はさ。
場所を変えながらも。
必ずどこかにお店があって。

あんなもの。
こんなもの。
定番から限定品まで。

望めば。
足を運べば。
気軽に手に入ったし。
そんな。
あれやこれやに。
囲まれて過ごす。
時間が楽しかったのに。

いつのまにか。
お店は無くなって。
ネットでは買えますよって。
そう言われてもねって。

それが。
それがね。

期間限定だけど。
お店出してるって。
こいつは。
行かねばなるまい!

『Rarities 1971-2003』'05年リリース。
タイトル通りに'71年以降のレア・トラックを集めたローリング・ストーンズの2枚組編集アルバム。
あれもこれもと。レア・トラックとしてはよく知られた定番(?)なナンバーから、かなり珍しいナンバーもと。
全16曲が選ばれていて。まぁ確かにシングル盤のB面でしか聴けなかったものもあるので。
便利と言えば便利だとは思います。ただ総てがレアかと言うと、実はそうでもなかったりするんですけどね。
まぁ、そこらの判断や価値基準は人によって異なるので。好きかどうか、気に入るかどうかは夫々ですかね。
「Through The Lonley Nights」とか「Let It Rock」が気軽に聴けるようになったのはいいことかも。
(こまめにレコ屋さんでエサ箱漁ってれば、思ったよりも安価でそれらのオリジナル盤も入手できますが・・・)
個人的にはなんだかんだ言いながらストーンズの編集盤ってだけでいいかなと思ってしまう人種なので。
特に音源的に価値はなくても、このジャケットをアナログ盤のサイズで楽しめる、それだけで買ってしまいました。
確かにビルを画像処理で消したのは如何かとも思いますが・・・ベロだけ赤いセンスもいいし、カッコいいじゃんと。
まぁ、だから。その、なんですよ。ストーンズですよ。アナログ盤ですよ、だって、好きなんだもん!ってことです。
針を落とせば。あぁ、そうだこんなのもあったなぁって。新鮮な気持ちで耳に入ってくるナンバーもあるしね。
まぁ、その。「Thru And Thru」のライブ・テイクがDVDからってのは流石に・・・キースだからいいか(笑)。

だって。
だってね。

前はさ。
何かあっても。何もなくても。
定期的にその店に顔を出して。

あんなのも。
こんなのも。
定番からコラボ品まで。

望めば。
足を運べば。
いつでも手に入ったし。
そんな。
あれにしょうか。
これにしようか。
選ぶのに悩んで過ごす。
時間が楽しかったのに。

お店が無くなって。
それが当たり前の様で。
ネットでは買えますよって。
そう言われてもねって。

それが。
それがね。

期間限定だけど。
お店出してるって。
こいつは。
行かねばなるまい!

あっ。
こんなのもある。
ねぇ、ねぇ。
これも欲しくない。
どうかなこれ?
似合うじゃない。
じゃぁ、こっちは?
それもいいねぇ。
そうだこれとこれも。
そんなに買ってどうするんだよ?
だって、なかなかさぁ。
そうだよね、手に入らないし。
こうやって選べないしね。
まぁ、いいか。
そう、いいよ。
だって、好きなんだもん!

期間限定で。
帰ってきたギミシェルに。
開店早々駆けつけて。
定番のTシャツから珍しいグッズまで。
あれやこれやと。
ベロの袋2袋分。
買い込んでしまいました。

だって、好きなんだもん!

さぁ、早く新しいベロT着て出かけようっと!!



web拍手 by FC2

|

« 2011/01/28 Fri *2倍!2倍? / Kiss | トップページ | 2011/01/30 Sun *雪でした / Ritchie Blackmore's Rainbow »

001 British Rock」カテゴリの記事

008 The Rolling Stones」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/50750925

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/01/29 Sat *だって、好きなんだもん! / The Rolling Stones:

« 2011/01/28 Fri *2倍!2倍? / Kiss | トップページ | 2011/01/30 Sun *雪でした / Ritchie Blackmore's Rainbow »