« 2011/01/31 Mon *夢みる頃を過ぎても / The Kinks | トップページ | 2011/02/03 Thu *見たいのなら / Captain Beyond »

2011/02/01 Tue *出発進行 / Jimi Hendrix

20110201jimihenblues


蠢く。
動き出す。
走り始める。

その息吹が。
その鼓動が。
その胎動が。

空気を。
震わせて。
風を。
吹き寄せて。
その。
匂いが。
目覚めさせる。

どうやら。
そろそろ。
起きなくちゃ。
動かなくちゃ。
行かなくちゃ。

『Blues』'94年リリース。
そのあまりにも短い活動期間中に奏でられた“ブルース”を集めたジミ・ヘンドリックスの2枚組編集アルバム。
ジミをブルースの範疇に括れるのか、それだけで語れるのかって疑問は当然あるでしょうが。
ジミのルーツに、その中にはブルースもあった筈で。そんな側面に焦点をあてて聴いてみるのも偶にはいいかと。
なんてね。ジミのギターが聴こえてくると。もうそれだけで冷静ではいられなくなったりするのですけどね。
このアルバムに収められているのは確かにブルース。でもその枠組みを軽々と越えてしまっていて。
なんだけど。そのギターからはそれこそ血が滴る様なブルースの匂いも濃厚に漂ってくるのもまた確かであって。
収まりきらないけど、ブルースを弾かせても超弩級で。ジミの、ジミでしかないブルースを奏でてしまっていると。
まったく。ジミってのは。いったいどれほどの引き出しを持っていたんだろうって。まぁ、今更驚きもしませんが。
ジミは自分の歌声を嫌ってたそうですが。なんとも逆らい難い魅力と色気のある歌声で。
そしてギターがそれ以上に歌ってるしね。そんなんでブルースなんか歌われたら、弾かれたら、奏でられたら。
あぁ、もうどうにでもしてくれってことで。軽々しく言っちゃいけないんだけど。やっぱり天才としか言いようがない。
カヴァーもあればオリジナルもあって。「Born Under A Bad Sign」なんてのも堪らないんですけど。
オリジナルの「Here My Train A Comin'」が。アコースティックとエレクトリックと。両方とも最高なんですね。
このブルースマン達がコラージュされたジャケットもジミのブルースに対する愛情や敬意が感じられて。
そりゃ、確かにジミは亡くなってるけど。制作サイドのジミへの思いも感じられるいいジャケットだと思います。

蠢く。
動き出す。
走り始める。

その気配が。
その兆候が。
その振動が。

空気を。
震わせて。
風を。
吹き寄せて。
その。
響きが。
目覚めさせる。

どうやら。
そろそろ。
起きなくちゃ。
動かなくちゃ。
行かなくちゃ。

どうやら。
そろそろ。
ほら。
もう。
そこに。
列車がやってきてる。
躊躇わずに。
乗り遅れずに。
飛び乗ろう。
出発進行。

春の。
訪れを告げる。
ブルースを聴きながら。
春を。
迎える、招き入れる。
ブルースを口ずさみながら。
出発進行。



web拍手 by FC2

|

« 2011/01/31 Mon *夢みる頃を過ぎても / The Kinks | トップページ | 2011/02/03 Thu *見たいのなら / Captain Beyond »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/50798619

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/02/01 Tue *出発進行 / Jimi Hendrix:

« 2011/01/31 Mon *夢みる頃を過ぎても / The Kinks | トップページ | 2011/02/03 Thu *見たいのなら / Captain Beyond »