« 2011/03/11 Fri *終わらない歌 / Otis Spann | トップページ | 2011/03/18 Fri *そのままの自分を / The Rolling Stones »

2011/03/15 Tue *前へ・・・ / Robert Johnson

20110315kingofthedelyabluessingers


前へ。
前へ。
歩いていかなくちゃ。
進んでいかなくちゃ。

立ち止まらず。
立ち尽くさず。
なんだけど。
心重く。
体も重く。

そうなんだ。
目に見えるもの。
手に触れられるもの。
変わってはいないのに。
そう見えるのに。
まだ触れられるのに。

見えない。
触れられない。
何かが。
その。
足音が。
聞こえる気がして。

立ち止まる。
立ち尽くす。

『King Of The Delta Blues Singers』'61年リリース。
'36年11月と'37年6月に行われた5回のレコーディング。それがロバート・ジョンソンの遺した総て。
その中から16曲を集めたこの初めてのアルバムが今も語り続けられるジョンソンの伝説の始まりだったかなと。
今では決定的な3枚組のボックスも出ていますが。初めてジョンソンと出会ったこのアルバム、忘れられません。
正直、最初は何が何だか解らなかったし。どこが凄いんだか、どこが魅力的なんだかとさっぱりで。
キースが、クラプトンが。どこに魅せられて、どこに惹かれたんだろうと。なんだかなぁと。
そんなものだったのですが。でもキースが好きなんだからと。時々思い出しては針を落としていました。
そうしたら、ある日突然に・・・ではなく。いつのまにか。ここに。そこに。沁み込んで。棲みついて。しまったなと。
胸の内からブルースが聴こえてきたり、ふと気づくと隣で、背後で何かが見つめていたり、笑っていたり。
その度に。震えたり、慄いたり。見えない、触れられない何かに気づかされたり。そのことが恐ろしくもありながら。
あぁ、そうなんだよと。そんなもんだろうと。そんなものを忘れずに、恐れずに。ただそうなんだと引き受けて。
歩いていくのだと。進んでいくのだと。所詮、突き詰めれば、そんなものだと。覚悟を決めさせられるのです。
最近では針を落とす機会も減りましたが。ジョンソンのブルースはいつもいつも胸の内で鳴っていて。
なにかあると。その声が、そのギターが。決して忘れてはならない、恐れてはならないものを思い出させます。
それにしても。どうやったら1人で弾いていて、こんな音が鳴らせるんだろう?多分、一生解らないだろうなぁ・・・

前へ。
前へ。
歩いていかなくちゃ。
進んでいかなくちゃ。

立ち止まらず。
立ち尽くさず。
なんだけど。
心重く。
体も重く。

そうなんだ。
目に見えるもの。
手に触れられるもの。
変わってはいないのに。
そう見えるのに。
まだ触れられるのに。

見えない。
触れられない。
何かが。
その。
足音が。
聞こえる気がして。

立ち止まる。
立ち尽くす。

今までも。
そうだったじゃないか。
見えないもの。
触れられないもの。
あったじゃないか。
そんなものに。
震えたり。
慄いたり。

それでも。
そのことを。
引き受けて。
忘れずに。
恐れずに。
覚悟を決めて。
引き受けて。
きたんじゃなかったのか。

だから。
いま。
ここで。
こうしているんじゃないか。
そうだろう。
そうだっただろう。
いままでより。
目に見えないもの。
触れられないもの。
多いだけ。
大きいだけ。
その足音が気になるだけ。
そうだろう。

だから。
心重くても。
体も重くても。
前へ。
前へ・・・



web拍手 by FC2

|

« 2011/03/11 Fri *終わらない歌 / Otis Spann | トップページ | 2011/03/18 Fri *そのままの自分を / The Rolling Stones »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/51231339

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/03/15 Tue *前へ・・・ / Robert Johnson:

« 2011/03/11 Fri *終わらない歌 / Otis Spann | トップページ | 2011/03/18 Fri *そのままの自分を / The Rolling Stones »