« 2011/03/19 Sat *ロックンロールが聴こえる / John Lennon | トップページ | 2011/03/23 Wed *星が見えたら / The Blue Hearts »

2011/03/20 Sun *音楽は鳴り止まない / 麗蘭

20100320reirann


音楽は鳴り止まない。

変わらぬ日々を送ること。
無理にでも。
気持ちを奮い立たせてでも。
笑顔を忘れず毎日を過ごすこと。

そんな日常を保つことで。
心に余裕を持つことができれば。

これからの長い道のりを。
諦めずに、立ち止まらずに。
歩いていく誰かの。
支えになる何かを。
届けられる力を持てたらいいなと。
持ち続けられたらいいなと。

こんな時だけど。
こんな時だからこそ。
そこに音楽があること。
そこで音楽が鳴っていること。
音楽が鳴り止まないこと。

それが。
誰かの。自分の。
笑顔を呼ぶことができれば。
誰かの。自分の。
力の源にでもなればと。

音楽は鳴り止まない。

『麗蘭』'91年リリース。
仲井戸麗市、チャボと土屋公平、蘭丸によるユニットの1stアルバム。
RCサクセションとストリート・スライダーズの活動休止によって生まれた麗蘭。
当初はライブ・ツアーの活動だけの筈が。それで納まる、それで終われる訳もなく。
ライブ・ビデオ、そしてライブで育まれた空気と時間を詰め込んだアルバムの制作へと。
RCも、スライダーズも大好きだったので。そしてチャボと蘭丸のギターも大好きだったので。
RCとスライダーズの活動休止は悲しくて。その分も麗蘭への期待は大きくて。
ライブには何度も足を運んだし。このアルバムも直ぐに入手して聴きまくってました。
(アルバムより先に出たライブ・ビデオ『Welcome Home!』も何度も何度も観てました)
ソウル、ブルース、そしてR&Bへの愛情に満ちて、そのフィーリングを身に纏っているチャボと蘭丸。
その2人のギターの絶妙な絡み具合が素晴らしいのは言うまでも無いのですが。それにも増して。
ギターを弾くこと、歌を歌うこと、音楽を奏でること、その音楽が鳴り響き伝わっていくこと。
その楽しさ、その嬉しさ、その切なさ、その儚さが、その素晴らしさが、それがいかに幸福であるか。
そのことが。そのライブと同じ様に。その熱気、その温かさと共に見事に描かれているアルバムなのです。
アナログ2枚組、4面に渡ってチャボの、蘭丸の描く世界にどんどん惹き込まれてしまうのですが。
特に「今夜R&Bを・・・」そしてそして「ミュージック」と。この2曲から滲み出る、溢れ出す。
その音楽への憧憬、音楽への深い愛情、音楽が大好きなんだって思いが、もう堪らないのです!

音楽は鳴り止まない。

変わらぬ日々を送ること。
無理にでも。
気持ちを奮い立たせてでも。
笑顔を忘れず毎日を過ごすこと。

そんな日常を保つことで。
心に余裕を持つことができれば。

これからの長い道のりを。
諦めずに、立ち止まらずに。
歩いていく誰かの。
支えになる何かを。
届けられる力を持てたらいいなと。
持ち続けられたらいいなと。

こんな時だけど。
こんな時だからこそ。
そこに音楽があること。
そこで音楽が鳴っていること。
音楽が鳴り止まないこと。

それが。
誰かの。自分の。
笑顔を呼ぶことができれば。
誰かの。自分の。
力の源にでもなればと。

音楽は鳴り止まない。

こんな時だけど。
こんな時だからこそ。
そこに音楽があること。
そこで音楽が鳴っていること。
音楽が鳴り止まないこと。

そして。
駆けつけてくれる。
メッセージを送ってくれる。
そんな。
誰かの。皆の。
思いが。笑顔が。
音楽と共に。
アルコールと共に。
広がって。
心が。
優しさで潤されていく。
そんな一時が。
そんな夜が。
そうなんだ。
ここにあるんだ。

音楽は鳴り止まない!



web拍手 by FC2

|

« 2011/03/19 Sat *ロックンロールが聴こえる / John Lennon | トップページ | 2011/03/23 Wed *星が見えたら / The Blue Hearts »

005 Japanese」カテゴリの記事

017 RC サクせション」カテゴリの記事

コメント

子供も一緒に家族連れで来てくれたり、子供を寝かしつけてから駆けつけてくれたり。
幼馴染と連れ立って来てくれたり、ブログで見たよと数年ぶりに会いに来てくれたり。
そんな皆の笑顔とロックンロールで、心が優しさで潤った夜になりました。回して良かった!

音楽は鳴り止まない!

001. Power To The People / John Lennon
002. Stand By Me / John Lennon
003. All Down The Line / The Rolling Stones
004. Gimme Shelter / The Rolling Stones
005. Whole Lotta Love / Led Zeppelin
006. Angel / Jimi Hendrix
007. Have You Ever Seen The Rain / Creedence Clearwater Revival
008. Stay With Me / Faces
009. Listen To The Music / The Doobie Brothers
010. Tiny Dancer / Elton John
011. I Want To Hold Your Hand / The Beatles
012. All My Loving / The Beatles
013. I Wanna Be Your Man / The Rolling Stones
014. Time Is On My Side / The Rolling Stones
015. The House Of The Rising Sun / The Animals
016. I Only Want To Be With You / Dusty Springfield
017. Downtown / Petula Clark
018. For Your Love / The Yardbirds
019. The Kids Are Alright / The Who
020. David Watts / The Kinks
021. All You Need Is Love / The Beatles
022. I Need To Be In Love / Carpenters
023. Wild Horses / The Rolling Stones
024. Love Train / O'Jays
025. Can't Give You Anything (But My Love) / The Stylistics
026. Aquarius~Let The Sunshine In / The 5th Dimension
027. Midnight Train To Georgia / Gladys Knight And The Pips
028. Carry On Till Tomorrow / Badfinger
029. Silly Love Songs / Wings
030. Waiting On A Friend / The Rolling Stones
031. フラフラ / ウイスキーズ
032. God Bless The Ring / ARB
033. 人にやさしく / ザ・ブルー・ハーツ
034. 終わらない歌 / ザ・ブルー・ハーツ
035. ウルトラマン / 上高田少年合唱団
036. サイボーグ009 / マイスタージンガー
037. タイガー・マスク / 新田洋
038. ガッチャマンの歌 / 子門真人、コロムビアゆりかご会
039. ふたりのラブ・ソング / キャンディーズ
040. バスルームから愛をこめて / 山下久美子
041. あの娘のレター / RCサクセション
042. My My, Hey Hey (Out Of The Blue) / Neil Young And Crazy Horse
043. Get Down To It / Humble Pie
044. It's Only Rock 'N' Roll / The Rolling Stones
045. Long Live Rock / The Who
046. Free Bird / Lynyrd Skynyrd
047. ミュージック / 麗蘭
048. いつでも夢を / 橋幸夫と吉永小百合
049. 上を向いて歩こう / 坂本九
050. Give Peace A Chance / Jhon Lennon
051. Jumpin' Jack Flash / The Rolling Stones

投稿: TAC | 2011-03-28 03:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/51235381

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/03/20 Sun *音楽は鳴り止まない / 麗蘭:

« 2011/03/19 Sat *ロックンロールが聴こえる / John Lennon | トップページ | 2011/03/23 Wed *星が見えたら / The Blue Hearts »