« 2011/03/20 Sun *音楽は鳴り止まない / 麗蘭 | トップページ | 2011/03/24 Thu *ほしいもの、必要なもの / アン・ルイス »

2011/03/23 Wed *星が見えたら / The Blue Hearts

20110323youngandpretty


星が。
見えるかな。

いま。
ここで。
この街角で。
夜空を見上げたなら。
僕達には。
星が見えるだろうか。

いま。
そこで。
どこかの街角で。
夜空を見上げたなら。
彼等には。
星が見えるだろうか。

もし。

星が。
見えたら。
見えたなら。
何かが。
少しは。
変わるかな。

『Young And Pretty』'87年リリース。
ブルー・ハーツの2枚目のアルバム。
確かこのアルバムで初めて外部のプロデューサーを起用したとかで。
そのプロデューサーにしごかれながら、8ビート以外のナンバーにも挑んでいて。
相当苦労したようですが。結果として凄く“ロック・バンド”らしくなったなと当時感じました。
瑞々しさや性急さ、優しさや切なさはそのままにスケール・アップしたかなと。
またマーシーがリード・ヴォーカルをとっているナンバーが初めて収録されたアルバムでもあって。
ヒロトとは異なる、ぶっきらぼうでいて切ない、その歌声によって新たな魅力や可能性も感じさせてくれました。
実は、このマーシーの歌声が大好きで。「ラインを越えて」とか「チェインギャング」にどれほど痺れたことか。
その歌詞もまた、何と言うか。水をぶっかけられて、背中を蹴飛ばされて、胸の奥をギュツと掴まれる様でね。
勿論、ヒロトのふざけ散らしている様で真摯で、温かい歌声や歌詞も変わらずに好きではあって。
「ロマンチック」とか、このアルバムの為の新曲だったという「星をください」とか。その優しさが堪りません。
時に厳しい現実をちゃんと見つめて。噛みつき立ち向かいながら。ユーモアを忘れず、優しく笑ってみせる。
そんなブルー・ハーツの世界に随分助けられた時期があったし、いままたとても胸に沁みたりするのです。
見上げた夜空でまたたいている星を見つけた時と同じ様な温かさが胸に宿ったりするのです。

星が。
見えるかな。

いま。
ここで。
この街角で。
夜空を見上げたなら。
僕達には。
星が見えるだろうか。

いま。
そこで。
どこかの街角で。
夜空を見上げたなら。
彼等には。
星が見えるだろうか。

もし。

星が。
見えたら。
見えたなら。
何かが。
少しは。
変わるかな。

星のまたたきが。
星の輝きが。
闘う。立ち向かう。
誰かの胸に。
温かなものを届けてくれたなら。
誰かの心に。
ユーモアを思い出させ。
誰かの顔に。
笑顔が戻ってくれたら。
いいなと。

なによりも。
立ち止まって。
夜空を見上げる。
星を探す。見つめる。
そんな心の余裕が。
一瞬でも生まれれば。
いいなと。

節電の効果か。
幾つかの星のまたたきを。
この街角でも見ることができました。

星が見えたら。



web拍手 by FC2

|

« 2011/03/20 Sun *音楽は鳴り止まない / 麗蘭 | トップページ | 2011/03/24 Thu *ほしいもの、必要なもの / アン・ルイス »

005 Japanese」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011/03/23 Wed *星が見えたら / The Blue Hearts:

« 2011/03/20 Sun *音楽は鳴り止まない / 麗蘭 | トップページ | 2011/03/24 Thu *ほしいもの、必要なもの / アン・ルイス »