« 2011/03/30 Wed *惑わされずに / Kiss | トップページ | 2011/04/01 Fri *禁断症状 / Tom Petty And The Heartbreakers »

2011/03/31 Thu *チョット・マッテ・クダサイ / Aerosmith

20110331liveclassicstwo


ちょっと待って。
ちょっと待って下さい。

なんでそんな話に。
なんでそんなことに。
なんでそんなところで。
なってるの。
なっちゃうの。
止まっちゃうの。

なんとなく。
そんな気はしたけれど。
危ないかなとは思ったけど。
まさか。
ほんとうに。
そうなってるなんて。

だから。

ちょっと待って。
ちょっと待って下さい。

『Classics Live Ⅱ』'87年リリース。
コロンビアとの契約消化のために編集されたエアロスミスのライブ・アルバム第2弾。
第1弾たる『Classics Live』はメンバーのあずかり知らぬところで勝手に編集されて世に出たらしく。
当時のライナーによれば、いきなり見知らぬ女性と子供から認知を迫られた様なものだったとか、ないとか。
確かに内容的にも。ジョー・ペリーもブラッド・ウィットフォードもいない時期のテイクばかりを集めたもので。
ジョーとブラッドが復帰してオリジナル・メンバーで再起を図っていたエアロスミスからすれば、ちょっと待てよと。
オリジナル・メンバーでツアーにも出てるんだぜ、ランDMCのお蔭で再び脚光を浴びそうなんだぜと。
この機を逃してどうするんだよと。ここは一発、“本物”のエアロスミスのライブを出さなきゃ駄目だろうと。
てなわけでスティーブン・タイラーやジョーも選曲に関わった・・・かどうかは定かではありませんが。
兎にも角にも。メンバーの意志を反映させる形でこのアルバム、第2弾が世に出ることになったんだとか。
まぁ、何事にしろ。人任せにしては駄目だってことですね。特に中途半端に解ってる様な連中にはね(笑)。
で、中心となってるのは'84年の大晦日、ボストンでのテイクで。トム・ハミルトンの誕生日祝いの模様も収録。
「Let The Music Do The Talking」は'86年のライブから。この曲のライブが聴けるのが嬉しかったなと。
そして「Draw The Line」が'78年のカリフォルニア・ジャム2でのテイクとなっていて。
昔は諸説ありましたが。どうやらこれが本物らしくて。流石は'70年代のエアロスミスらしい危うさがあるなと。
'84年も'86年も気合が入っていていいライブではあって。『Classics Live』と違って聴く価値は十分にありますが。
やっぱりね。'70年代のライブには敵わないなと。『Live! Bootleg』と同等に語る性質のものでは無いかな。

ちょっと待って。
ちょっと待って下さい。

なんでそんな話も。
なんでそんなことも。
なんでそんなところで。
わかってないの。
見えてないの。
悩んじゃうの。

なんとなく。
嫌な気はしたけれど。
大丈夫かなとは思ったけど。
まさか。
ほんとうに。
そうなっちゃうなんて。

だから。

ちょっと待って。
ちょっと待って下さい。

事情があって。
その場に立ち会えなかったのは。
それは。
申し訳ないと思うけど。
それにしても。

ちょっと待って。
ちょっと待って下さい。

事前に。
話しましたよね。
伝えましたよね。
何よりも。
今まで。
一緒に。
見てましたよね。
聞いていましたよね。
やってきましたよね。

人任せにする気は。
さらさらないけれど。
自分が決めるしか。
ないんだろうなと。
そうしないと。
進まないんだろうなと。
わかってはいますが。
この。いまの。
周りの状態は。

ちょっと待って下さい・・・だなぁ(苦笑)。



web拍手 by FC2

|

« 2011/03/30 Wed *惑わされずに / Kiss | トップページ | 2011/04/01 Fri *禁断症状 / Tom Petty And The Heartbreakers »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/51291296

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/03/31 Thu *チョット・マッテ・クダサイ / Aerosmith:

« 2011/03/30 Wed *惑わされずに / Kiss | トップページ | 2011/04/01 Fri *禁断症状 / Tom Petty And The Heartbreakers »