« 2011/04/01 Fri *禁断症状 / Tom Petty And The Heartbreakers | トップページ | 2011/04/03 Sun *風よ吹け吹け、風よ吹け / Peter Frampton »

2011/04/02 Sat *傷つく頃を過ぎても / John Cougar

20110402americanfool


夢みる頃を過ぎても。

親とか。
学校とか。
その街とか。

周囲に。
社会に。
世界に。
馴染めなくて。
ここにある。
現実を。
受け入れられなくて。
現実に。
受け入れられなくて。

いつも。
ここではない。
どこかを。
求めて。
夢みて。
夢の様なことばかり。
考えて。語って。
夢ばかりみてた。

『American Fool』'82年リリース。
ジョン・クーガーの5枚目のアルバムにして初めて商業的な成功を手にしたアルバム。
シングル・カットされた「Hurts So Good」「Jack & Diane」の2曲が全米チャートで首位に輝いています。
このアルバム、そして以降も聴くことのできるワイルドでシンプルなロックンロールがジョンの魅力ですが。
デビューした頃はマネージメントの意向でグラム・ロッカーとして化粧までさせられてたジョンです。
クーガーなる芸名もそのマネージメントの発案によるもので。ジョンにとっては不本意だった様で。
このアルバムの成功で自由を手にして。次作、『Uh-Huh』からはジョン・クーガー・メレンキャンプと改名して。
更に今では本名のジョン・メレンキャンプで活動しています。この意志の強さ、意固地さがジョンだなと。
誰にでもある、あった。夢をみながら、傷だらけになりながら彷徨い続けた日々、季節を歌うジョン。
その過ぎてしまった日々への憧憬、そこにある哀惜や切なさ、儚さがそのしゃがれた歌声が胸に募ります。
募りますが、それだけでなく。それだけに留まらず。今もどこかへと歩み続ける荒々しい強さがそこにあります。
その荒々しい強さがあるから。今も夢をみて、何かを傷つくほどに感じて、受け止めていけるのです。
だから。今聴くと。あまりにも真っ直ぐで青いかなと思いつつ。でもだからいいんだよなと思うのです。

傷つく頃を過ぎても。

親とか。
学校とか。
その街とか。

周囲が。
社会が。
世界が。
立ちはだかっている。
ここにある。
現実に。
蹴りを入れてやろうと。
現実を。
ぶっ壊してやろうと。

いつも。
ぶつかっては。
跳ね返されて。
踏みつけられて。
潰されて。
それでも諦められずに。
あがいて。もがいて。
傷だらけで転がり続けていた。

遠く離れて。
離れてしまって。
いつのまにか。
その日々の。
その頃の。
記憶さえも。
憧憬となり。
儚さや切なさが。
甘美なものに感じられもする。

だけど。
そうじゃない。
それだけじゃない。
その創られた。
記憶の中にだけ。
閉じ込めてはいけない。

まだ。
今も。
夢をみて。
傷つくほどに。
感じて。
受け止めて。
ぶつかって。
彷徨い続けていかなければ。
そうでなければ・・・

傷つく頃を過ぎても。



web拍手 by FC2

|

« 2011/04/01 Fri *禁断症状 / Tom Petty And The Heartbreakers | トップページ | 2011/04/03 Sun *風よ吹け吹け、風よ吹け / Peter Frampton »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/51320845

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/04/02 Sat *傷つく頃を過ぎても / John Cougar:

« 2011/04/01 Fri *禁断症状 / Tom Petty And The Heartbreakers | トップページ | 2011/04/03 Sun *風よ吹け吹け、風よ吹け / Peter Frampton »