« 2011/04/06 Wed *こんにちは、はじめまして / Status Quo | トップページ | 2011/04/08 Fri *小さな一歩だが / David Bowie »

2011/04/07 Thu *脱けだせ、駆けだせ・・・ / Thin Lizzy

20110407jailbreak_2


終わった。
とりあえず。
ひとまず。
さしむき。
終わった。

なんとか。
かんとか。
漕ぎつけた。
いろいろと。
あったし。
起きたし。

それでも。
基本的には。
毎日。
楽しみながら。
やってこれた。
笑いを忘れずに。
進んでこれた。

気になることもあるけれど。
課題も残ってはいるけれど。
とにかく。
続いていくことは。
先へと進むことは。
決まった。
決められた。

だから。
その日までは。
脱けだせ。
駆けだせ。
心と体を。
解き放て。

『Jailbreak』'76年リリース。
シン・リジィの6枚目のアルバムにして代表作。
ブライアン・ロバートソン、ロボとスコット・ゴーハムのツイン・リード・ギター体制での3枚目で。
その2本のギターの絡みあいとかが練れてきて、このアルバムでその完成をみたかなと。
ロボとゴーハムの息もぴったり合っていて。そこから生み出されるリフとハーモニーが素晴らしくて。
特にA面1曲目のタイトル曲と、B面1曲目の「The Boys Are Back In Town」のカッコ良さったらありません。
またフィル・リノットならではの美意識や哀感が反映されたメロディーの美しさも魅力的なのです。
ハードでカッコ良いサウンド、キャッチーで胸に迫るメロディー、そこから生まれるドラマチックな世界。
まさにそれこそがシン・リジィなのですが。その総てがこのアルバムでは高いレベルで完成されているなと。
そして故に。このアルバムに針を落とすと。無性に胸が高鳴って、ワクワク、ドキドキしてしまって。
武者震いなんかもしてしまって。さぁ、行こうぜ。脱けだそうぜ、駆けだそうぜと。そんな気分になるのです。
さぁ、カッコつけて、あのメロディーを口ずさみながら、心も体も軽く、繰り出していこうぜってね。
シン・リジィのオリジナル・アルバムの中では『Black Rose A Rock Legend』とこのアルバムが双璧かな。

やって来た。
待っていた。
この陽射し。
この陽気。
やって来た。

なんとなく。
遠慮がちでは。
あるけれど。
いろいろと。
あったから。
起きたから。

それでも。
この輝き。
この香り。
軽やかに。
優しげに。
今年も忘れずに。
春がやって来た。

心痛むことが多いけれど。
見えないもの。
言葉にできないもの。
あるけれど。
とにかく。
止まってはいられない。
続けていかなくちゃ。
繋げていかなくちゃ。
それならば。

そうさ。
今日。
この日。
やって来た。
春の中へ。
脱けだせ。
駆けだせ。
心と体を。
解き放て。

さぁ。
桜の木の下へ。
その咲き誇る下へ。
その。
強さを。
優しさを。
感じに行こう。

脱けだせ。
駆けだせ。
春の中へ。



web拍手 by FC2

|

« 2011/04/06 Wed *こんにちは、はじめまして / Status Quo | トップページ | 2011/04/08 Fri *小さな一歩だが / David Bowie »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/51332340

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/04/07 Thu *脱けだせ、駆けだせ・・・ / Thin Lizzy:

« 2011/04/06 Wed *こんにちは、はじめまして / Status Quo | トップページ | 2011/04/08 Fri *小さな一歩だが / David Bowie »