« 2011/04/24 Sun *それはともかく / Rory Gallagher | トップページ | 2011/04/26 Tue *攻略中 / The Rolling Stones »

2011/04/25 Mon *何を糧に / Frankie Miller

20110425easymoney


何を糧にしているのか。
何を糧にしたいのか。

やりたいこと。
好きなこと。
それが。
商売になって。
それで。
糊口が凌げればいいけれど。

なかなか。
どうして。
やりたいこと。
好きなこと。
そいつは。
商売にならなくて。

しかたないなと。
やれること。
悪くはないこと。
そいつで。
なんとか。
それでも。
食べていたりする。

『Easy Money』'80年リリース。
ブリティッシュ・ソウル・シンガー、フランキー・ミラーの7thアルバム。
ロッド・スチュワートと、そしてあのオーティス・レディングにも比せられたミラー。
そのソウルフルでファンキーな歌声が最大の魅力であったミラーです。
このアルバムでもそれはなんら変わることなく。一節うねっただけで、あぁ、いいなぁと。
ミラーの歌声って、黒くて熱いのですが。なによりも何だか安らかな心持ちにさせてくれるところもあって。
そんなところも好きなのですが。このアルバムでは妙に意識したり、力んだりが無くてそれがいいのかなと。
ロッドと比べるとスター性や華やかさには欠けるミラーです。様々な巡り合わせもあって。なかなか売れず。
それもあってか。レコード会社はあの手この手で売り出そうとして。色々と仕掛けて。
思いっきりハードに仕上げようとしたり、その反動か甘いバラーディアーに仕立てようとしたりしてましたから。
勿論、どんな時でもミラーの歌声は変わらずに素晴らしかったのですが。居心地は悪かったのかもしれず。
で、前作がようやくそこそこの成果を上げたので。もういいじゃないと。自然に好きな様に歌ってみたと。
結果としてまた売れなくなっちゃって。なんですけど。なんかそれでもいいんだと。吹っ切れた感じもあって。
ミラーにしてみれば不本意な意匠で売れても嬉しくないぜって心意気もあったんじゃないかなと。
好きな歌を好きに歌えるなら。アルバム・タイトルみたいな、濡れ手に粟の泡銭なんて欲しくないよってね。
その正直さ、生真面目さが商業的には仇になったのでしょうが。だからこその、この歌声なのかもです。

何を糧にしているのか。
何を糧にしたいのか。

やれること。
悪くはないこと。
それが。
商売になって。
それで。
糊口は凌げてはいるけれど。

なんだかな。
どうしても。
やってること。
悪くはないけれど。
どうしても。
熱くはなれなくて。

しかたないなと。
やれること。
悪くはないこと。
そいつで。
濡れ手に粟で。
その泡銭で。
食べているんだからと。

だけど。
それは。
そうなんだけど。
それで。
本当にいいのかと。
そのままで。
本当によしとするのかと。

誰かの為になっているのかと。
誰かを笑顔にできているのかと。
自分は笑顔でいるのかと。
自分の思いはそこにあるのかと。

何を糧にしているのか。
何を糧にしたいのか。

わかってはいるけれど。



web拍手 by FC2

|

« 2011/04/24 Sun *それはともかく / Rory Gallagher | トップページ | 2011/04/26 Tue *攻略中 / The Rolling Stones »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/51565300

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/04/25 Mon *何を糧に / Frankie Miller:

« 2011/04/24 Sun *それはともかく / Rory Gallagher | トップページ | 2011/04/26 Tue *攻略中 / The Rolling Stones »