« 2011/05/10 Tue *甦り、流れゆく / The Street Sliders | トップページ | 2011/05/13 Fri *いつでもどこでも / AC/DC »

2011/05/11 Wed *どうにでも / ザ・ゴールデン・カップス

20110511bluesmessage


時に。
偶に。
稀に。
ではあるけれど。

この。
体の。
奥から。
この。
心の。
深いところから。
囁きかけてくる。
そんなものがある。

その。
囁きを。
耳にすると。
その。
囁きに。
囚われてしまうと。

どうしようもなく。
どうにもならなくて。
ただ。
叫びたくなって。
駆けだしたくなって。
壊したくなって。

どうにでもなれと。
どうにでもしてくれと。

『ブルース・メッセージ(ザ・ゴールデン・カップス第3集)』'69年リリース。
タイトル通りのゴールデン・カップスの3枚目のアルバム。
GSの中でも実力派、本格派としてならしたゴールデン・カップスです。
他のGSと同様に、職業作家の手による日本語のシングルをヒットさせていましたが。
元来は横浜のクラブでロックやリズム&ブルースのカヴァーをやっていて。
デビューしてからもライブではヒット曲よりも、変わらずにロックやリズム&ブルースを演奏してたとか。
そんな本来の姿がこのアルバムには見事に捉えられているのです。
「本牧ブルース」「4グラムの砂」といったシングルとなった日本語のナンバーに挟まれた。
他のナンバーは殆どが英語で歌われるロック、リズム&ブルースのカヴァーで。
もう。その。カッコ良くて。凄まじくて。これはもうGSじゃなくてブルース・ロックだなと。
いや。それどころか。ハード・ロックだったり、サイケだったりもして。そうロック・バンドのアルバムなんだと。
それもかなり極上の。そう簡単にはお目にかかれない様な傑物に仕上がってる1枚なんだと。
11分以上もある緊張感あふれる「I Can't Keep For Cryin'」とか。ヘヴィーなオリジナル「Take 3」とか。
本当に。その半端じゃない本物のロックに。その深さに、その重さに、その疾走感に、その昂揚感に。
あぁ、もう。どうにでもなれと。どうにでもしてくれと。叫びだし、そして慄いてしまいそうになるのです。
そうです。本物のロックであると同時に。本物のブルースでもあるんだなと。あぁ、もう。どうにでも。

時に。
不意に。
ふと。
ではあるけれど。

この。
体の。
奥で。
この。
心の。
深いところで。
揺らめくものがある。
そんなものがある。

その。
瞬きを。
目にすると。
その。
仄かな炎に。
囚われてしまうと。

どうしようもなく。
どうにもならなくて。
ただ。
蹲って。
膝を抱えて。
慄いてしまって。

どうにでもなれと。
どうにでもしてくれと。

そして。また。

どうしようもなく。
どうにもならなくて。
ただ。
叫びたくなって。
駆けだしたくなって。
壊したくなって。

どうにでもなれと。
どうにでもしてくれと。
どうにでもしてやると。

どこかじゃやない。
ブルースは。
いつも。
ここにある。

どうにでも・・・



web拍手 by FC2

|

« 2011/05/10 Tue *甦り、流れゆく / The Street Sliders | トップページ | 2011/05/13 Fri *いつでもどこでも / AC/DC »

005 Japanese」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011/05/11 Wed *どうにでも / ザ・ゴールデン・カップス:

« 2011/05/10 Tue *甦り、流れゆく / The Street Sliders | トップページ | 2011/05/13 Fri *いつでもどこでも / AC/DC »