« 2011/05/11 Wed *どうにでも / ザ・ゴールデン・カップス | トップページ | 2011/05/14 Sat *極楽極楽 / Ann Peebles »

2011/05/13 Fri *いつでもどこでも / AC/DC

20110513blowupyourvideo


いつでも。
どこでも。
いつも。
どこかで。
いまも。
いまだに。

とっとと。
さっさと。
ぶち壊して。
ぶち破って。
飛びだしたくなる。
脱けだしたくなる。

そんなものだろう。
そうでなきゃ駄目だろう。
理由は。
単純明快。
かったるいから。
退屈だから。
むず痒いから。

いつでも。
どこでも。
いつも。
どこかで。
いまも。
いまだに。

『Blow Up Your Video』'88年リリース。
相変わらずの制服姿のアンガス・ヤングがTVのモニターをぶち破って飛び出してくる。・・・
そんなジャケットも痛快で、そしてその意味するところの単純明快さが痛快なAC/DCのアルバム。
デビュー以来、なんの迷いも無く。ただひたすら十年一日の如く。変わらずにロックンロールしているAC/DC。
なのですが。そんなAC/DCですらも。あの浮ついて寝惚けてた魔の'80年代の呪縛からは逃れられずに。
MTVの登場と共に装飾過多、演出過多になっていくのに対抗しようとして。妙に淡白になっちゃったり。
力技でねじ伏せようとしてなんとも厚ぼったくなっちゃったりと。珍しくも迷い道に入り込んでしまった様で。
’80年代半ばの数年間はどうにも精彩を欠いていた様に思われたりするのでした。
まぁ、妙に巧く時代の波に乗ってしまうAC/DCなんてのも。それはそれで観たくも聴きたくもありませんが。
で、そんな時には原点回帰と。制作体制も初期のそれに戻して。やりたいことだけをやればいいんだと。
やりたいこと。そんなもの単純明快。ロックンロールしかないだろうと。それをやればいいんだよと。
「That's The Way I Wanna Rock N Roll」なんてベタなタイトルのナンバーまであって。そうさこれなんだと。
このわかりやすさ、迷いの無さで。いつでもどこでも。ぶち破って脱けだしてきたんだと。どんなもんだいと。
狭苦しい、息苦しいTVの世界になんか収まりきらないぜと、そんなところさっさとおさらばだぜと。
見事に、そのロックンロール魂を再び呼び覚ましたAC/DCなのです。起死回生、痛快な一撃となりました。
そうだよね。いつでもどこでも。どこでもいつも。ぶち破って脱けだして。それがロックンロールですから。
ロックンロールを聴きながら、退屈な世界、学校や社会やそんなものから飛びだしてきたんだもんな。

いつでも。
どこでも。
いつも。
どこかで。
いまも。
いまだに。

とっとと。
さっさと。
ぶち壊して。
ぶち破って。
飛びだしてしまわなきゃ。
脱けだしていかなくちゃ。

そんなものでしかない。
そうでなきゃ終わりだろう。
理由は。
単純明快。
かったるいから。
退屈だから。
むず痒いから。

いつでも。
どこでも。
いつも。
どこかで。
いまも。
いまだに。

さぁ。
さっさと。
解いて。
放って。
破って。
一ぬけたで。
こちら側から。
向こう側へ。
この日々に。
終止符を打って。
さぁ・・・

連休明けの。
かったるい。
やりきれない。
毎日におさらばして。
さぁ。
起死回生の。
復活の。
週末だと。
休みだ。休みだ。
嬉しいなと。

いつでも。
どこでも。
いつも。
どこかで。
いまも。
いまだに。

単純明快。
迷い無し!



web拍手 by FC2

|

« 2011/05/11 Wed *どうにでも / ザ・ゴールデン・カップス | トップページ | 2011/05/14 Sat *極楽極楽 / Ann Peebles »

007 Other Countries」カテゴリの記事

018 AC/DC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/51725993

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/05/13 Fri *いつでもどこでも / AC/DC:

« 2011/05/11 Wed *どうにでも / ザ・ゴールデン・カップス | トップページ | 2011/05/14 Sat *極楽極楽 / Ann Peebles »