« 2011/05/15 Sun *山の彼方の空遠く / The Temptations | トップページ | 2011/05/17 Tue *生こそ物の上手なれ / Otis Redding »

2011/05/16 Mon *ごちゃまぜ / Bokker T. & M.G.'s

20110516meltingpot


あんな事。
こんな事。
いつのまにか。

あっちでも。
こっちでも。
いつのまにやら。

あっちへ。
こっちへ。

なんだかなぁ。

異なるのは。
しかたがないけれど。
隔たりがあるのも。
やむを得ないけれど。
そのままじゃ。
そのままにしてちゃ。
駄目でしょうよと。

『Melting Pot』'71年リリース。
ブッカー・T&ジ・MGズのスタックスでの最後のアルバム。
オーティス・レディングが亡くなって。キング牧師の暗殺などでスタックスの空気も変わって。
ブッカー・Tもカリフォルニアに拠点を移して。スティーブ・クロッパーも条件付きで契約解除と。
長年にわたってスタックスの屋台骨をタイトなサウンドで支えてきたブッカー・T&ジ・MGズの環境も変わって。
このアルバムは慣れ親しんだメンフィスだけでなくニューヨークでの録音も含まれているとか。
この時期には単独のライブを行ったり、アルバムにコンセプトを持たせたりと活動の幅は広がってもいた様で。
その成果が如実に反映されて。実にアグレッシヴでプログレッシヴにファンキーなサウンドを生み出しています。
A面とB面。それぞれ1曲目が8分を越えるファンキーなナンバーで。らしさを残しつつ新境地へ踏み出していて。
この路線での続が期待されるも。このアルバムを最後にブッカー・Tとスティーヴがスタックスを完全に離脱。
数年後に再結成に向けてのミーティングが行われも。アル・ジャクソンが何者かに射殺されてしまって。
ブッカー・T、スティーヴ、アル、ドナルド・ダック・ダンによるブッカー・T&ジ・MGズは幕を下ろしてしまいました。
白人と黒人の混成バンドだったブッカー・T&ジ・MGズ。その背景にはスタックスの自由な空気があったと。
それが前述のキング牧師の暗殺などで変わってきて。白人であるデラニー&ボニーが契約解除になったりと。
人種に拘らない、るつぼ(Melting Pot)故の魅力が失われ、故に生み出されるものも無くなっていって。
その魅力を知っていたからこそ、故に最高のグルーブを生み出したからこそ。それらが失われることが。
そのことが。ブッカー・Tとスティーヴには耐えられなかったんだろうなと。そんなことも感じてしまうアルバムです。

あんな人。
こんな人。
いつのまにか。

あっちでも。
こっちでも。
いつまでたっても。

あっちへ。
こっちへ。

なんだかなぁ。

異なるのは。
しかたがないけれど。
隔たりがあるのも。
やむを得ないけれど。
そのままじゃ。
そのままにしてちゃ。
面白くないでしょうよと。

異なるから。
近寄ってみて。
隔たってるから。
乗り越えてみて。
一緒になって。
混ざり合って。
歩み寄ったり。
刺激し合ったり。

拘らずに。
近づいて。
溶け合って。
新しい色が。
新しい味が。
生み出される。

そうでなきゃ。
ごちゃまぜの。
ごちゃまぜにした。
意味が無いじゃない。

さぁ。
あんな事。
こんな事。
あんな人。
こんな人。
こっちで。

ごちゃまぜ。



web拍手 by FC2

|

« 2011/05/15 Sun *山の彼方の空遠く / The Temptations | トップページ | 2011/05/17 Tue *生こそ物の上手なれ / Otis Redding »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/51738904

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/05/16 Mon *ごちゃまぜ / Bokker T. & M.G.'s:

« 2011/05/15 Sun *山の彼方の空遠く / The Temptations | トップページ | 2011/05/17 Tue *生こそ物の上手なれ / Otis Redding »