« 2011/05/16 Mon *ごちゃまぜ / Bokker T. & M.G.'s | トップページ | 2011/05/18 Wed *好きなら、もっと好きになれ / Ike & Tina Turner »

2011/05/17 Tue *生こそ物の上手なれ / Otis Redding

20110517otisreddingineuropemono


やっぱりね。
気持ちが入らないと。
やりたいと思わないと。
好きじゃないと。
どうしようもなくて。

そりゃね。
どうしても。
そうでなきゃとか。
どうでも。
駄目だとか。

そこまでのものかって。
言われれば。
如何なものかと。
思わないでも。
考えないでも。
無いけれど。

やっぱりね。
そこに。
思いが。志が。
ないと。
どうにもね。

なので。
どうしても。

生こそ物の上手なれ。

『In Europe』'68年リリース。
『Live In Europe』のタイトルで知られるオーティス・レディングのライブ・アルバム。
その別タイトル、別ジャケットで、しかも英国盤のみ制作されたらしいモノラル盤です。
'67年のスタックス/ヴォルト・レヴューにおけるパリ公演におけるライブで。
バックは勿論、ブッカー・T&ジMGズにメンフィス・ホーンズで。オーティスとの息もぴったりで。
完璧なまでに圧倒的なオーティスのライブが堪能できます。もうそれだけで言うことなしです。
その死後。幾つかのライブ音源が発掘されていますが。やはりこのアルバムに尽きるかなと思います。
「My Girl」も「(I Can't Get No) Satisfaction」も「Day Tripper」も完全にオーティスの歌になっています。
やはり。不世出のソウル・マン、ソウル・シンガーだったなと改めて感じます。
観客とのコール・レスポンスには。どこか神憑った様なところさえあって。あぁ、この場にいたかったなと。
ジャンプ・ナンバーの迫力に圧倒され、スロー・バラードで胸の奥を鷲掴みにされて。堪りません。
そして。そして。伝わってくるオーティスの熱さ、激しさ、真摯な思い、なによりも楽しんでる姿。
ライブが好きだったんだろうなと。好きでなきゃ、こんなライブは、ステージはできないよなと。
そんなオーティスの、全身全霊で歌うその姿を思い浮かべて。微笑んでしまうのです。凄いなぁ、いいなぁと。

やっぱりね。
気持ちが入らないと。
やりたいと思わないと。
好きじゃないと。
真剣にも。真摯にも。
なれなくて。

そりゃね。
それでもね。
やれちゃったりとか。
どうにでも。
できちゃったりとか。

それでいいんじゃないかと。
言われれば。
そんなものかと。
思わないでも。
考えないでも。
無いけれど。

やっぱりね。
そこに。
思いが。志が。
ないと。
どうにもね。

なので。
どうしても。

生こそ物の上手なれ。

生が。
現場が。
好きだし。
そこが。
自分のステージだし。
好きだから。
思いも。志も。
あって。
気持ちも入るし。

そうしないと。
そもそも。
失礼でもあるからさ。

だから。
これからも。
好きだから。
やっぱりね。

生こそ物の上手なれ。

離れられない!
止められない!



web拍手 by FC2

|

« 2011/05/16 Mon *ごちゃまぜ / Bokker T. & M.G.'s | トップページ | 2011/05/18 Wed *好きなら、もっと好きになれ / Ike & Tina Turner »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/51770281

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/05/17 Tue *生こそ物の上手なれ / Otis Redding:

« 2011/05/16 Mon *ごちゃまぜ / Bokker T. & M.G.'s | トップページ | 2011/05/18 Wed *好きなら、もっと好きになれ / Ike & Tina Turner »