« 2011/05/24 Tue *座長を決めよう / Edgar Winter's White Trash | トップページ | 2011/05/27 Fri *言うだけ、考えるだけ / Faces »

2011/05/25 Wed *魔術でも、魔力でも、魔性でも / Fleetwood Mac

20110525blacmagicwoman


まさか。
まさかね。
ここまで。
酷いとはね。
思わなかった。

夢であってくれと。
頬を抓ってみたら。
痛かった。
やっぱりね。
現実なんだね。

期待外れ。
想定外。
衰えてる。
治ってない。
育ってない。
焦ってる。
心ここにあらず。

なんなんだ。
まったくもって。
なんなんだ。
いつまで。
こんなこと。
続けるんだ。

止まるなら。
治るなら。

魔術でも。
魔力でも。
魔性でも。
なんでもいいから。
どうにかしてくれないか。

『Black Magic Woman』'71年リリース。
ブルース・ロック・バンドだった時代のフリートウッド・マックの2枚組編集アルバム。
実は、『Peter Green's Fleetwood Mac』と『English Rose』の2枚を単純に抱き合わせたものだったりします。
アルバム・タイトルは当然、あの代表曲からとられたもので。ジャケットもそれを意識しています。
勿論、その「Black Magic Woman」もしっかりと収録されています。「Albatross」も収録されていますから。
ブルース・ロック・バンド、ピーター・グリーンのフリートウッド・マックを知るとっかかりとしてはいいアルバムかな。
それにしてはこのジャケットが怖いと言うか妖しいと言うか。いや、実に秀逸で好きですけどね。
やっぱりこの時代は、ピーター・グリーンに、そのギターに尽きるかなって思います。
ジェレミー・スペンサーやダニー・カーワンもいいけれど。やっぱり中心は象徴してるのはグリーンだよなと。
その激情と繊細さが時に綯交ぜになっている様なギターはグリーンならではだし、それこそが魅力なんだよなと。
本当に。ギターが震えて啼いていて。それはそのままグリーンの精神の震えや悲鳴だったのかななんて。
ブルースを深く愛して、ブルースを突き詰めると。何かに、魔のものに憑依されてしまうのかなと。
それくらいに。こちらをも胴震いさせる、こちらの精神までも粟立たせるものがグリーンのギターには宿っていて。
だからこそ。後に。かくも長き不在を、隠遁生活をおくらざるを得なかったのかなと思ってしまうのです。
'90年代半ばには復活を遂げて。軌跡とも言える来日公演も行ったグリーンでしたが。また半ばリタイア状態で。
また復活してくれるのなら。それこそ魔術でも何でもって。そんなのはグリーンにとっては迷惑な話でしょうが。
それほど。グリーンのギターには聴く者を捕らえて離さない魔力や魔性の魅力があるのです。

まさか。
まさかね。
ここまで。
駄目だとは。
思わなかった。

悪い夢なら醒めてくれと。
願ってみたけど。
醒めるはずも無かった。
やっぱりね。
現実なんだよな。

打てない。
守れない。
策もない。
気力も感じられない。
纏りも感じられない。
薄笑い浮かべて。
心ここにあらず。

なんなんだ。
まったくもって。
なんなんだ。
いつまで。
このままで。
動かないんだ。

変わるなら。
動くなら。

魔術でも。
魔力でも。
魔性でも。
なんでもいいから。
どうにかしてくれないか。

せめて。
闘う姿勢だけでも。
なんとかしようって。
気迫だけでも。
見せてくれるなら。
感じさせてくれるなら。
魔術でも。
魔力でも。
魔性でも。
なんでもいいから。
試してみてくれないか。

ファンになって数十年。
今年ほどつまらない年はない。
このままじゃ。
縦縞を目にするのも嫌になりそうだ。

だから。
魔術でも。
魔力でも。
魔性でも。
どうにかしてくれよ・・・



web拍手 by FC2

|

« 2011/05/24 Tue *座長を決めよう / Edgar Winter's White Trash | トップページ | 2011/05/27 Fri *言うだけ、考えるだけ / Faces »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/51797772

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/05/25 Wed *魔術でも、魔力でも、魔性でも / Fleetwood Mac:

« 2011/05/24 Tue *座長を決めよう / Edgar Winter's White Trash | トップページ | 2011/05/27 Fri *言うだけ、考えるだけ / Faces »