« 2011/06/24 Fri *ならばさっさと固めよう / クリエイション | トップページ | 2011/06/26 Sun *あらためて / 萩原健一 »

2011/06/25 Sat *特別な人 / 沢田研二

20110625royalstraightflushspecial


その人は。
その人の存在は。
自分にとって。
特別なんだって。
そう思わされる。
人がいる。

親とか。
兄弟とか。
じゃなくて。
だけでなくて。
色んな。
出会いがあって。

見知らぬ世界。
新しい世界。
初めての世界。
気づかせてくれた。
教えてくれた。
導いてくれた。

石森章太郎。
田渕幸一。
アントニオ猪木。
オードリー・ヘプバーン。
そして。そして。
ジュリー、沢田研二。

特別な人。

『Royal Straight Flush Special』'85年リリース。
今日、6月25日63回目の誕生日を迎えたジュリー、沢田研二のベスト・アルバム。
ナベ・プロから独立して。レコード会社も移籍してと。転換期を迎えていたジュリーです。
このアルバムは移籍後に旧所属会社となったポリドールによって編集、発売されました。
タイトルはいいんですけどね。このジャケットは安易かなと。移籍されたからってねぇ、どんなものかと。
契約上の枚数合わせのアルバムだったのかとか穿ってみたくもなります。実態はわかりませんが。
まぁ、ストーンズなんかでも移籍する度にあることですからね。特にデッカとかは好き放題やってたしとか。
そう考えると。なんで移籍後の東芝EMIからのシングルだった「灰とダイヤモンド」が入ってるんだろうと。
この曲はひょっとして。ストーンズの「Brown Sugar」と「Wild Horses」と同じ境遇にあるのかなとか。
色々と考えたりもするのですが。まぁ、そんな詮索やジャケットへの不満はおいとけば。
ジュリーのベスト・アルバムですから。「灰と~」を含むベスト・アルバム初収録の3曲に加えて。
ヒット曲、代表曲11曲の全14曲ですから。針を落とせば。もう無条件で心躍ろうってものだったりします。
何気に「AMAPOLA」とかも好きだし。「ストリッパー」だ「TOKIO」だ「カサブランカ・ダンディ」で。
「時の過ぎゆくままに」で「追憶」で「危険なふたり」ですから。堪らんなと。大好きだよジュリーと。
特に「危険なふたり」・・・この歌に、ジュリーに出会ってなかったら。歌を、音楽を好きになることなんて。
無かったかもしれないし。ここまでロック馬鹿にもなってないよなと。やっぱりスペシャル、特別な人なのです。

その人は。
その人の存在は。
自分にとって。
特別なんだって。
そう思わされる。
人がいる。

漫画に夢中になって。
アニメも大好きだった。
そのホームランに憧れて。
縦縞のユニホームで背番号は22番。
暗くなるまでバットを振って。
教室で廊下で卍固め。
その美しさで銀幕に惹きこまれて。

でも。なによりも。
その新しい世界。
歌が。音楽が。
大好きなんだと。
教えてくれた。
ロック馬鹿へとも。
結果的に。
導いてくれた。

キース・リチャーズ。
ブライアン・ジョーンズ。
ジョン・レノン。
忌野清志郎。
そして。そして。
ジュリー、沢田研二。

特別な人。

ジュリーがいなかったら。
ジュリーに出会ってなかったら。

ここに。
こうしていないよな。
出会えてよかったなと。
本当に。
そう思うのです。

そして。そして。
ジュリーに出会わせてくれた。
我が相方が。
やっぱり。
一番、特別な人なのです!
今夜も一緒に。
ジュリーの誕生日を祝っているのです!!
おめでとう、ジュリー!!!



web拍手 by FC2

|

« 2011/06/24 Fri *ならばさっさと固めよう / クリエイション | トップページ | 2011/06/26 Sun *あらためて / 萩原健一 »

005 Japanese」カテゴリの記事

016 沢田研二(ジュリー)」カテゴリの記事

コメント

誰かのファンでいられることが、とても大切に思われる今日この頃。

投稿: hiromi | 2011-07-04 12:13

hiromiさん、コメントありがとうございます。

ほんと、そうですね。いつまでもジュリーは特別な人・・・いつまでもファンでいたいと思います。

投稿: TAC | 2011-07-06 01:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011/06/25 Sat *特別な人 / 沢田研二:

« 2011/06/24 Fri *ならばさっさと固めよう / クリエイション | トップページ | 2011/06/26 Sun *あらためて / 萩原健一 »