« 2011/09/07 Wed *いまは、いつかは / Carpenters | トップページ | 2011/09/10 Sat *止むを得んでしょう! / 沢田研二 »

2011/09/09 Fri *変えても変わらない / 憂歌団

20110909kibunn


ある日突然。
それとも。
ある日から。
少しずつ。
いずれにしろ。
何かが。
変わった。

ひょっとしたら。
何も変わっていなくて。
変わってしまったって。
思い込んでるだけかも。
そうなのかもしれないけれど。

この目には。
この耳には。
この心には。
変わって見えたり。
変わって聞こえたり。
変わって感じられたり。
そんなこともあるんだなと。

まぁ。
それはそれで。
いいけれど。

『気分』'84年リリース。
日本が世界に誇ったブルース・バンド、憂歌団のフォーライフ移籍後2枚目のアルバム。
フォーライフに映ってからの憂歌団った、なんだか妙に色気を出したと言うかお洒落になった感があって。
どうなのよって。やっぱり「パチンコ」や「おそうじオバチャン」が憂歌団だろうって気もするんだけど。
まぁ、自分もそうだったので。このアルバムも買ったはいいけど。なんだかあまり針は落とさなくて。
木村君のあの声も勘太郎さんのあのギターも変わってないんだけど。サウンドが雰囲気がしっくりこなくて。
それでもライブのチケットは買ってたんで。渋谷の駅前の7階(だったかな?)にあったライブ・ハウスに行って。
ぶっ飛んだの、なんのって。本質はなんにも変っちゃいないんだのも。凄いの凄くないのって。
今でも。あのド迫力、あの熱気、呆然自失になった自分を鮮明に覚えてるくらいですから。御免なさいってね。
本編1時間半、アンコール1時間半、生歌180分・・・何にも変わっちゃいねぇじゃんよってね。
変えても変わらないんだと。大切なものを、本質を見失わなければねって。ブルースがそこにあるじゃんって。
そしたらこのアルバム、特にB面にすっかり参ってしまって。「ナイフ」「どす黒いやつ」「ザ・エン歌」ってね。
それにしても。木村君の声は反則だよなぁ。「ザ・エン歌」なんて年々胸に沁みてくるもんなぁ。堪らないよね。

ある日突然。
それとも。
ある日から。
少しずつ。
いずれにしろ。
何かが。
変わったんだな。

間違いなく。
今までとは。
変わってしまっていて。
思い込みだけじゃなくて。
変わったものもあるんだな。
変われって言ってるものもあるんだな。
だけど。
そんな時にも。
大丈夫。

この目には。
この耳には。
この心には。
変わらずに見える。
変わらずに聞こえる。
変わらずに感じられる。
そんなものがあるんだなと。

あぁ。
それはそれで。
いいんだなと。

そんなものを。
そんななにかを。
与えてくれる。
包んでくれる。
誰かがいるんだなと。

黒いものに支配されずに。
懐に呑んだものを抜かずに済むなら。
演歌も悪くはないなと。
変えても変わらない。
そうしていられるならね。



web拍手 by FC2

|

« 2011/09/07 Wed *いまは、いつかは / Carpenters | トップページ | 2011/09/10 Sat *止むを得んでしょう! / 沢田研二 »

005 Japanese」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011/09/09 Fri *変えても変わらない / 憂歌団:

« 2011/09/07 Wed *いまは、いつかは / Carpenters | トップページ | 2011/09/10 Sat *止むを得んでしょう! / 沢田研二 »