« 2011/09/15 Thu *その時に / Sam & Dave | トップページ | 2011/09/18 Sun *袋小路でも / James Carr »

2011/09/17 Sat *揺れない眼差し / Otis Redding

20110917thesoulalbum


その瞳。
温かく。
優しく。
穏やかで。
でも。
凛として。
強く。

その。
揺れない眼差し。
その。
強さが。
美しさが。
輝きが。

力をくれる。
救ってくれる。

『The Soul Album』'66年リリース。
じっとこちらを見つめる女性の眼差し。そのジャケットもいい感じのオーティス・レディングのアルバム。
4枚目のアルバムにしてこのタイトル。そこに込められたオーティスの揺るぎ無い自信を感じることができます。
殆どがミディアム~スローで。カヴァーが多くて。オーティスのアルバムの中でも地味な印象が強いのですが。
だからこそ。オーティスの真髄を。その比類なき歌声、そしてその存在の真髄が表れているかなとも思います。
サム・クック、ソロモン・バーク、ウィルソン・ピケット、サム&デイヴ・・・素晴らしいソウル・シンガーは数多く。
決してオーティスが飛び抜けている訳では無く。でも、それでもオーティスの歌声でしか、歌声にしか。
伝わってこないもの、感じられないものが間違いなくあると。やはり“選ばれて”いたんだろうなとしか思えません。
そして。そのことを。恐らくはオーティス自身も知っていた、感じていたんじゃないかなと。だからこそ。
その結果として彗星の如く短かったその短期間の活動の中で、全身全霊を込めて歌い続けていたんだろうなと。
決して激しくなくても、声高でなくても。その熱さを、強さを伝える、感じさせることができるオーティスです。
その揺れない、揺るぎ無い自信、思いの強さは。温かくもあり、優しくもあり。誤解を恐れずに言えば。
間違いなく。オーティスの歌声には誰かの心を癒す、誰かの精神を救う何ものかが宿っていたと思います。
かく言う自分も。何度となく。その歌声に癒されてきたか。力をもらったか。救われたか・・・なのです。

その瞳。
温かく。
優しく。
穏やかで。
でも。
凛として。
強く。

その。
揺れない眼差し。
その。
強さが。
美しさが。
輝きが。

力をくれる。
救ってくれる。

その。
揺れない眼差し。
それが。
いつも。
すぐ傍に。
あること。

その。
幸せを。
思うのです。



web拍手 by FC2

|

« 2011/09/15 Thu *その時に / Sam & Dave | トップページ | 2011/09/18 Sun *袋小路でも / James Carr »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

参ったね!サム&デイブの次はこれかー。煙草とコーヒーnote秋の夜長はこれを聴いて昔の彼女を思い出すと。

投稿: イトう | 2011-09-30 03:02

このアルバム、本当に地味で渋いけど。いいですよね。このジャケットの娘に恋してるのかも(笑)。

投稿: TAC | 2011-09-30 22:25

ジャケいいよね。僕は時々家の壁に飾ってるよ。この次のアルバムのジャケとの落差はどうなの?って(笑)

投稿: イトう | 2011-10-01 00:35

いや、次のアルバムもあれはあれでいいんじゃないですか(苦笑)。確かにあんまりっちゃあんまりですけどね(爆)。

投稿: TAC | 2011-10-01 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/52868381

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/09/17 Sat *揺れない眼差し / Otis Redding:

« 2011/09/15 Thu *その時に / Sam & Dave | トップページ | 2011/09/18 Sun *袋小路でも / James Carr »