« 2011/10/05 Wed *生きているから / Paul Butterfield's Better Days | トップページ | 2011/10/07 Fri *出来るか出来ないかでは無くて / The Runaways »

2011/10/06 Thu *ギターの好みは・・・ / Rick Derringer

20111006guitarsandwomen


その。
ルックス。
ライン。
響き具合。
鳴り具合。

好きか。
それほどでもないか。
それは。
人それぞれ。
好みがあるからね。

その。
ルックス。
ライン。
響き具合。
鳴り具合。

どれが。
好きか。
その瞬間の感覚も。
時の流れも。
それぞれあるからね。

『Guitars And Women』'79年リリース。
リック・デリンジャーのソロとしては3枚目のアルバム。
この頃のリックは率いるデリンジャーでの活動と並行していたらしく。
参加してる面子にはそのデリンジャーのメンバーと。
プロデューサーであるトッド・ラングレンのユートピアのメンバーも名を連ねてます。
そして。チープ・トリックのリック・ニールセンが2曲提供していたりもして。
ポップでキャッチーなアメリカン・ハード・ロックが展開されています。
ポップ、キャッチー、でハード。こうくればもうリックの得意分野ですからね。その真骨頂が聴けるわけです。
相性がハッキリ分かれるトッドとも息があっていた様で。御機嫌なアルバムに仕上がっているのです。
'90年代以降はブルースとかやってるらしいリックですが。やっぱりリックはポップにキャッチーに。
思わず一緒に口ずさんで、ステップでも踏みたくなる様な。そんなロックンロールが一番似合う気がするんですけどね。
ところで。ジャケットでB.C.リッチを弾いているリック。『All American Boy』では真紅のストラトを持ってました。
どっちが好きなのか。どっちが似合っているのか。個人的にはストラトのイメージが強いんですけどね。

その。
ルックス。
ライン。
響いてくるもの。
聴こえてくるもの。

好きか。
それほどでもないか。
それは。
人それぞれ。
好みがあるからね。

その。
ルックス。
ライン。
響いてくるもの。
聴こえてくるもの。

誰が。
好きか。
その瞬間の感覚も。
時の流れも。
それぞれあるからね。

ギターの好みは。
女性の好みに通じるものがあったりして。
そのルックス。
そのライン。
その響き。
その囁き。

レスポール。
ストラト。
テレキャス。
フライングV。
ファイアーバード。
アンペグ。
ハミングバード・・・

自分?
VOXとか。
テレキャス・カスタムとか。
ピンク・ペイズリーのテレキャスとか。
レスポールJr.とか。
そしてやっぱりSGかなと。

で、女性の好みは・・・
想像にお任せしたいと思います(笑)。

皆さんはどれが、誰が好みですか???



web拍手 by FC2

|

« 2011/10/05 Wed *生きているから / Paul Butterfield's Better Days | トップページ | 2011/10/07 Fri *出来るか出来ないかでは無くて / The Runaways »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/53118234

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/10/06 Thu *ギターの好みは・・・ / Rick Derringer:

« 2011/10/05 Wed *生きているから / Paul Butterfield's Better Days | トップページ | 2011/10/07 Fri *出来るか出来ないかでは無くて / The Runaways »