« 2011/11/11 Fri *じっと我慢の子であった / The Rolling Stones | トップページ | 2011/11/14 Mon *一隅を照らすもの / Bruce Springsteen »

2011/11/13 Sun *目覚めるのか、呼び戻すのか / Aerosmith

20111113wildplatinum


忘れたのか。
置いてきちゃったのか。
どっちだか。
どうにも。こうにも。
すっかり。

飼い慣らされて。
落ち着いてしまって。
日々の中に。
安住してしまって。
それでいいのか。

何かあっただろう。
もう。こっと。
荒々しくて。
野性的で。
尖って。
鋭くて。
切れ味があって。
不意に。
駆けだしていきそうなものが。
あっただろうと。

『Wild Platinum』'77年リリース。
今月数年振りの来日公演が予定されているエアロスミス。
初来日を控えてプロ―モーションの為に制作された13曲収録の編集アルバム。
どうやら。元々は。同内容で日本独自のベスト・アルバムとして発売予定だったとか。
しかし。許可を取っていなかったので揉めて。結局プロモーションの為に配布されて終わったんだとか。
『Aerosmith』『Get Your Wings』『Toys In The Attic』、そして当時の最新アルバムだった『Rocks』と。
その4枚のアルバムからの13曲。『Rpcks』から5曲選ばれていて。『Get Your Wings』からは1曲と。
片よりもあったりしますが。まぁ戦略的には致し方ないかと。ヒット曲、代表曲は漏れてないしなと。
「Dream On」「Mama KIn」「Train Kept A Rollin'」「Walk This Way」「Sweet Emotion」「Last Child」...
個人的に大好きな「Rats In The Cellar」や「Big Ten Inch Record」が選ばれてるのが嬉しいなと。
『Draw The Line』からのナンバーはありませんがオフィシャルの『Aerosmith's Greatest Hits』よりいいかもとか、ね。
ライナーを兼ねた裏ジャケットで『Toys In The Attic』と『Rocks』のジャケットが入れ替わっているのはご愛嬌。
若き日の。ギラギラとした。野性的で危ない匂いのプンプンするエアロスミスの魅力が満載なのです。
やっぱりね。この'70年代のシャープなね、チンピラっぽいエアロスミスがね、好きなんですよねぇ。

忘れちゃいけない。
取りにいかなきゃいけない。
どっちでも。
どうにも。こうにも。
兎にも角にも。

飼い慣らされたままでは。
落ち着いているだけでは。
日々の中に。
安住しているだけでは。
よくはない。
それだけではすまされない。

何かあっただろう。
そう。そうだよ。
荒々しく。
野性的で。
尖って。
鋭くて。
切れ味があって。
不意に。
溢れ出してきそうなものが。
あっただろうと。

日々。
一日一日。
なんとか。
やっていけてる。
過ごしていられる。
落ち着いて。
心穏やかに。
それはそれで。
いいし。
感謝してるし。
でもね。と。

それだけじゃ。
無いだろう。
それだけじゃ。
すまないだろう。
そんな時。
その何ものかが。
目覚めるのか。
その何ものかを。
呼び戻すのか。

薄暗い灯り。
アルコールの匂い。
人のざわめき。
そして。
あの。
空気の震え、響き。
身体が、精神が。
新鮮な水を与えられたが如く。
甦る。

針を落とす。
空気が震え、響き。
大音量で。
ロックンロールが聴こえてくる。
目覚めるのか。
呼び戻すのか。

その瞬間が。
大好きなんだよな!



web拍手 by FC2

|

« 2011/11/11 Fri *じっと我慢の子であった / The Rolling Stones | トップページ | 2011/11/14 Mon *一隅を照らすもの / Bruce Springsteen »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

今夜のTURN TABLEでのセットリストです。

001. Detroit Rock City / Kiss
002. King Of The Night Time World / Kiss
003. Seven Seas Of Rhye / Queen
004. Brighton Rock / Queen
005. Mama Kin / Aerosmith
006. One Way Street / Aerosmith
007. Angel Theme / Angel
008. Carry On Wayword Son / Kansas
009. Barracuda / Heart
010. Black Dog / Led Zeppelin
011. Good Lovin' Gone Bad / Bad Company
012. Man On The Silver Mountain / Ritche Blackmore's Rainbow
013. Waiting For An Alibi / Thin Lizzy
014. Whole Lotta Rosie (Live ver.) / AC/DC
015. Roxanne / The Police
016. God Save The Queen / Sex Pistols
017. London Calling / The Clash
018. Shattered / The Rolling Stones
019. When The Whip Comes Down (Live ver.) / The Rolling Stones
020. I Shot The Sheriff / Eric Clapton
021. This Guitar (Can't Keep From Crying) / George Harrison
022. Band On The Run / Wings
023. Jealous Guy / John Lennon
024. Ali Bom-Ba-Ye Ⅰ/ Michael Masser And Mandorill
025. Sky High / Jigsaw
026. Blue Eyed Soul / Jimmy Douglas
027. Hello There / Cheap Trick
028. I Want You To Want Me / Cheap Trick
029. I Only Want To Be With You / Bay City Rollers
030. Sunday / Buster
031. Sugar Baby Love / The Rubettes
032. The Groover / T.Rex
033. Coz I Luv You / Slade
034. Hello New York / Silverhead
035. Starman / David Bowie
036. The Wild One / Suzi Quatro
037. Cherry Bomb / The Runaways
038. So You Want Be (A Rock 'N' Roll Star) / Patti Smith Group
039. S.O.S. (Too Bad) / Aerosmith
040. Walk This Way / Aerosmith
041. Killer Queen / Queen
042. Radio Ga Ga / Queen
043. Strutter / Kiss
044. I Was Made For Lovin' You / Kiss
045. You Keep Me Hangin' On / Rod Stewart
046. (If Loving You Is Wrong) I Don't Want To Be Right / Rod Stewart
047. The Song Is Over / The Who
048. Who Are You / The Who
049. Lies / The Rolling Stones
050. Respectable / The Rolling Stones
051. Alone Again (Naturally) / Gilbert O'sullivan
052. (They Long To Be) Close To You / Carpenters

今回はキッス、クイーン、エアロスミスとあの時代(?)を意識した選曲にしてみました。
ストーンズは盛り上がってる『Some Girls』からのナンバーで。
024.から026.は解る人には解る昭和のプロレスへのオマージュと言うことで(笑)。

遊びに来てくれた皆さん、ありがとうございました。また盛り上がりましょう!

投稿: TAC | 2011-11-16 15:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/53259138

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/11/13 Sun *目覚めるのか、呼び戻すのか / Aerosmith:

« 2011/11/11 Fri *じっと我慢の子であった / The Rolling Stones | トップページ | 2011/11/14 Mon *一隅を照らすもの / Bruce Springsteen »