« 2011/11/19 Sat *何度でも、どんな名前でも / ザ・タイガース | トップページ | 2011/11/21 Mon *万物流転 / 泉谷しげる »

2011/11/20 Sun *逢ったとたんに / Sheena & The Rokkets

20111120pinupbabyblues


どうかな。
久し振りだしな。
もう。
いないかもな。
日曜日だし。
休みかもしれないし。

なんだろうな。
馬鹿みたいだな。
高校生のガキじゃあるまいし。
だいたい。
目的が違うだろ。
目的が。

美味しい。
料理を。
鰻を。
食べに来たのであって。
そう。
そうなんだけど・・・

あっ!
いらっしゃいませ。
お久しぶりです。
お元気でしたか?
柔らかな。
笑顔。言葉。

逢ったとたんに。

『Pinup Baby Blues』'81年リリース。
シーナ&ザ・ロケッツ(シナロケ)の通算4枚目のアルバム。
YMOの影響下を離れて。遂にシナロケが本来のロックンロールバンドとしての魅力を。
その魅力をシンプルにストレートに初めて全開にして示してみせたアルバム。
どうも当時全盛だったテクノってのが苦手だったので。以前のアルバムも好きだったのですが。
時として。やり過ぎだろうってなナンバーが入っていたりもして。それがこのアルバムには無くて。
A面頭の「Propose」の弾ける様な怒涛のイントロで。もうもっていかれて。やったね。これだねって。
これぞロックンロール。これぞシナロケって。タイトル・ナンバーの様に。会ったとたんに。一目惚れ。
シナロケの、シナロケのロックンロールが大好きになってしまったのでした。カッコ良いもんねぇ。
高校生の頃の思い出と重なる部分もあって。シナロケのアルバムの中では一番針を落とす機会が多い・・・
要するに大好きなんですね。だから。誠ちゃんのDJイベントにもこのアルバムを持参して。
誠ちゃんとシーナにサインしてもらったんですね。お礼に渡したベガスでのストーンズの写真、喜んでくれたっけ。
さて。シナロケ版の「(I Can't Get No) Satisfaction」がご機嫌なB面もいいけれど。そりゃいいけれど。
やっぱり。弾ける恋心の「Puropose」、切ない一目惚れのタイトル・ナンバーと続くA面がね。最高だなと思います。

変わらないな。
久し振りなのに。
もう。
一年半ぶりなのに。
相変わらずに。
迎えてくれるんだな。

なんだろうな。
馬鹿みたいだな。
高校生のガキじゃあるまいし。
だいたい。
目的が違うだろ。
目的が。

美味しい。
料理を。
鰻を。
食べに来たのであって。
そう。
そうなんだけど・・・

そうそう。
地震はどうでしたか?
大変でしたねぇ。
お酒、お口に合わなかったら。
お取替えしますね。
板長から鰻の燻製です。
ごゆっくりお過ごし下さい。
柔らかな。
笑顔。言葉。

逢ったとたんに。

またまた。
惚れ直して。
ほんわか。ほかほか。

もともと。
数年前に。
ホテルで紹介されて。
初めて。
訪れた時から。
その。
柔らかな。
笑顔。言葉。

会ったとたんに。
一目惚れ。

おおきに。
またお越し下さいませ。
柔らかな。
笑顔。言葉。

せいぜい。
年に一度か二度。
時には。
もっと離れてしまう。
古都の。
鰻割烹の仲居さん。

会ったとたんの。
逢ったとたんの。
切ない。
一目惚れ。

なんてね。
バス・ガイドさんに惚れてしまう。
修学旅行生じゃないんだからねぇ(笑)。

でもね。
ほんわか。ほかほか。



web拍手 by FC2

|

« 2011/11/19 Sat *何度でも、どんな名前でも / ザ・タイガース | トップページ | 2011/11/21 Mon *万物流転 / 泉谷しげる »

005 Japanese」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011/11/20 Sun *逢ったとたんに / Sheena & The Rokkets:

« 2011/11/19 Sat *何度でも、どんな名前でも / ザ・タイガース | トップページ | 2011/11/21 Mon *万物流転 / 泉谷しげる »