« 2011/11/30 Wed *一枚一枚に / Mary Hopkin | トップページ | 2011/12/02 Fri *あっ・・・友達だ / Blind Faith »

2011/12/01 Thu *玩具のチャチャチャ / Faces

20111201coasttocoastukoriginal


もう。
サンタクロースなんて。
信じる年頃も。
お願いする年頃も。
そんな幸福な子供時代は。
遠い昔で。

また。
サンタクロースになんて。
なる必要も無いし。
お願いされる相手も。
幸いにもいないし。
なんだけど。

街に。
ジングルベルが。
流れ出すと。
何故か。
どうしても。
やっぱり。
玩具とか。
気になったりするんだな。

『Coast To Coast Overture And Beginners』'74年リリース。
フェイセズの結果的にラスト・アルバムとなってしまった唯一のライブ・アルバム。
唯一と言えば。ロニー・レインの後任として参加した山内テツが参加しているアルバムもこれだけで。
この後も伝説の来日公演も含めてなんだかんだで。一年以上活動してたんだから。
テツが参加したスタジオ・アルバムも聴きたかったとか思うんですけどね。
結局ロッド・スチュワートがソロ活動と並行してやっていて。そっちのが商業的には売れてしまったと。
それがフェイセズの悲劇で。このアルバムも揉めに揉めて。ロッドがソロ契約していたマーキュリーから出たと。
でも日本ではフェイセズの所属するワーナーから出てたんですよね。なんなんでしょうね。
今回載せているのは英国オリジナル盤ですが。そのゴタゴタの関係か意外に見かけなかったりするんですよね。
中身はもう。ラフでルーズで。そして飛びっきり陽気なフェイセズの御機嫌なライブが堪能できるもので。
もう、昔から大好きで仕方ないんですけどね。千鳥足での跳ねっぷりがなんとも言えずにご機嫌で。
これほど聴いてて楽しくなるライブ・アルバムってのもなかなかあるもんじゃないと思います。
もう三十年以上聴いてますが。針を落とした瞬間のロッドのMC、そして転がるイアン・マクレガンのピアノ。
いつ聴いても。それだけで。もうワクワク、ドキドキです。年中パーティやってる様なライブだったんだろうなと。
このアルバム。全9曲中、フェイセズのナンバーは3曲しかなくて。そこら辺のいい加減さ、曖昧さ。
ロッドのソロのナンバーも何の違和感もなくやってしまう仲の良さ、メンバーの人の良さが堪りません。
あと、このジャケット。錻力の玩具の行進、突撃みたいなチープな楽しさも、フェイセズらしいなと思うのです。

もう。
サンタクロースなんて。
信じてないし。
お願いなんてしないけど。
子供じゃ無くてもさ。
好きなんだよね。

また。
サンタクロースになんて。
なる必要も無いんだし。
お願いされる相手も。
いないんだから。
だったらさと。

広告や。
ネットでさ。
クリスマス特集とか。
目にすると。
それは。
どうしても。
やっぱり。
玩具とか。
気になったりするんだな。

ゲームとか。
ハイテクなものには。
惹かれないけど。
錻力の玩具じゃ、
無いけれど。
チープで。単純で。
でも捻りが効いてて。
大人になりきれない大人の。
童心や悪戯心をくすぐるものがさ。
明るく陽気にしてくれるご機嫌な。
そんな大人の玩具(笑)が。
好きなんだよね。

久し振りに。
サンタさんにお願いしてみようかな。
自作自演になるけれど(苦笑)。

玩具のチャチャチャ。



web拍手 by FC2

|

« 2011/11/30 Wed *一枚一枚に / Mary Hopkin | トップページ | 2011/12/02 Fri *あっ・・・友達だ / Blind Faith »

001 British Rock」カテゴリの記事

010 Faces」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/53440358

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/12/01 Thu *玩具のチャチャチャ / Faces:

« 2011/11/30 Wed *一枚一枚に / Mary Hopkin | トップページ | 2011/12/02 Fri *あっ・・・友達だ / Blind Faith »