« 2011/12/04 Sun *神とか推しとか / The Rolling Stones | トップページ | 2011/12/07 Wed *さぁ、もう一度 / The Hollies »

2011/12/05 Mon *急げや急げ / The Who

20111205qickoneukoriginal


今年も。
また。
毎年の如く。
あっと言う間に。
師走になって。

あぁ。
まだ。
あれも。
これもと。
急げや。
急げ。

いったい。
いつになったら。
押し詰まってから。
慌てなくてすむ様に。
計画的に。
粛々と。

なんてことを。
考えてる間にも。
あれや。
これやと。
新たな展開が。

急げや急げ。

『A Quick One』'66年リリース。
アラン・アルドリッジによるジャケットも素晴らしいザ・フーの2ndアルバム。
米国では曲目を変更して『Happy Jack』のタイトルでリリースされてました。
ザ・フーはその1stアルバム『My Generation』の完成度の高さがよく語られますが。
このアルバムも。僅か1年で、2枚目にしてここまでいっちゃうのってくらいの進化を遂げています。
契約で揉めて。急遽レコード会社を移籍して。メンバー全員が曲書けるなら印税前払いするよって言われて。
ライブの度に楽器ぶっ壊して赤字だったので。その話に飛びついてメンバー全員のオリジナルを収録したとか。
ジョン・エントウィッスルはその後の代名詞ともなる「Boris The Spider」を提供してるし。
キース・ムーンの2曲もらしくていいし。ロジャー・ダルトリーも・・・まぁロジャーはね・・・いいかと(苦笑)。
唯一のカヴァー、マーサ&ヴァンデラスの「Heat Wave」のカッコ良さはロジャーの歌いっぷりあってこそですから。
そしてそして。何と言っても。ピート・タウンゼンド。やっぱりピートなんだよね。ザ・フーの肝心要は。
どのナンバーも素晴らしいですが。「So Sad About Us」と「A Quick One, While He's Away」の性急感。
特に9分にも及ぶ「A Quick One,~」の目くるめく世界。次から次へと変わり、広がっていく展開。
タイトル通りに不倫の歌とも思われて。その急げや急げと慌てふためく様をユーモラスに爽快に描いていて。
このナンバーだけで。その演奏能力の高さと、ミニ・オペラともとれる構成力の高さ。恐るべし、ザ・フーです。
(ストーンズの『Rock And Roll Circus』でのライブも圧巻でしたもんねぇ。あれは何度観ても痺れます)
そして。やはり。このアルバムも。やはり英国オリジナルのモノラル盤で聴くと。その迫力がより鮮明に判ります。

今年も。
また。
反省の甲斐もなく。
あっと言う間に。
あと一ヶ月になって。

あぁ。
また。
あれだ。
これだと。
急げや。
急げ。

たぶん。
いつになっても。
押し詰められてから。
慌てて走り回って。
そのうちに諦めて。
まぁ、いいかと。

なんてことに。
なりつつある間にも。
あれや。
これやと。
新たな展開が。

急げや急げ。

もう。
早くも。
息切れ状態なんだけど。
とにかく。
できることだけでも。
やっておかなきゃだけでも。

急げや急げ。



web拍手 by FC2

|

« 2011/12/04 Sun *神とか推しとか / The Rolling Stones | トップページ | 2011/12/07 Wed *さぁ、もう一度 / The Hollies »

001 British Rock」カテゴリの記事

012 The Who」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/53457196

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/12/05 Mon *急げや急げ / The Who:

« 2011/12/04 Sun *神とか推しとか / The Rolling Stones | トップページ | 2011/12/07 Wed *さぁ、もう一度 / The Hollies »