« 2011/12/05 Mon *急げや急げ / The Who | トップページ | 2011/12/08 Thu *そんな時はいつも / John Lennon »

2011/12/07 Wed *さぁ、もう一度 / The Hollies

20111207hereigoagain


見る。
読む。
聞く。
話す。
考える。
思う。

さて。
ここまで。
これで。
良かったのかと。

さて。
このまま。
これで。
良いのかと。

改めて。
新しく。
再び。
それもありかと。
ここまでが。
このままが。
これが。
総てではあるまいし。

『Here I Go Again』'64年リリース。
ホリーズの米国での1stアルバム。
組合の規制だかなんだかで全12曲と英国盤に比べて曲数は少なくて。
でもシングルとなった曲は惜しげもなく収録すると言う。如何にも当時の米国盤って感じです。
ホリーズと言えば。何と言っても爽快感と疾走感に溢れるそのコーラスですが。
「Here I Go Again」「Just One Look」「Stay」「Rockin' Robin」と。いやぁ、もう実に爽やかです。
二十年ほど前に当時の動くホリーズの映像を初めて観て。その爽やかな笑顔が今も鮮やかに蘇ります。
確か歌ってたのは「Here I Go Again」だったと記憶しています。その爽やかさと笑顔に一目惚れ。
「Just One Look」そのまんまですが。それ以来、やはりどうしてもスカッと爽やかが自分にとってのホリーズで。
どうしても。その耳で、その先入観で聴いてしまうのですが。でもねぇ、本当に爽やかなんだから、ねぇ。
当時のブリティッシュ・ビート勢の例に洩れず。R&Bのカヴァーとかも勿論やってはいるのですが。
で、確かに。そのリズムの刻み方とかは実は本格派であったなと実力の程を感じさせてくれるのですが。
どうにもねぇ、似合わないんだよなぁ。「Lucille」も「Do You Love Me?」もご機嫌に弾んではいますが。
黒くはないので。「Talkin' Bout You」とか「You Better Move On」とか。ストーンズと比較するとですね。
「You Better Move On」なんて。ストーンズのが“なんじゃわれ、わしの女に何か用か?とっとと行きさらせ”で。
ホリーズのは“すいませ~ん、僕の彼女に何か御用ですか?できれば構わないで頂きたいんですけど・・・”で。
その違いは歴然です。でもいいんです。それだからこそのホリーズなんですからね。
いつも。笑顔で。さぁ、行こうと。爽やかに。たぶん。何度でも共に駆けだしてくれる。それがホリーズなんです。

見る。
読む。
聞く。
話す。
考える。
思う。

そう。
ここまで。
これで。
来てみたけれど。

そう。
このまま。
これで。
行こうとしてたけれど。

改めて。
新しく。
再び。
それもありかと。
ここまでが。
このままが。
これで。
終わりではあるまいし。

さぁ。
ここへ。
ここから。
もう一度。
駆けだそう・・・

その為に。
今しばらく。
充電中・・・ってところです。



web拍手 by FC2

|

« 2011/12/05 Mon *急げや急げ / The Who | トップページ | 2011/12/08 Thu *そんな時はいつも / John Lennon »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/53458405

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/12/07 Wed *さぁ、もう一度 / The Hollies:

« 2011/12/05 Mon *急げや急げ / The Who | トップページ | 2011/12/08 Thu *そんな時はいつも / John Lennon »