« 2011/12/14 Wed *今年の、今年も / Joe With Flower Travellin' Band | トップページ | 2011/12/16 Fri *医者なんてさ / Humble Pie »

2011/12/15 Thu *美しすぎて / Kenji Sawada

20111215kenji


美しい。
美しすぎて。
カッコいい。
カッコ良すぎて。
目が釘付け。

美しい。
美しすぎて。
カッコいい。
カッコ良すぎて。
一瞬たりとも。
目を離せない。

この。
美しさに。
この。
カッコ良さに。
魅せられて。
惹かれて。

もう。
どれくらいの。
時が流れたのだろう。
もう。
どれくらい。
追い続けているのだろう。

『Kenji』'75年リリース。
ジャケットが美しすぎるジュリー、沢田研二の英国盤アルバム。
美しすぎるジュリーと言えばやはり「追憶」のジャケットにも使われたこのカットですよね。
このアルバムはロンドン録音で。全編英語で歌われています。
そうです。日本盤の『The Fugitive 愛の逃亡者』と同内容のジャケ違いで英国で発売されたものです。
『The Fugitive ~』のジャケットもカッコ良かったですけど。美しさではこっちですよね。
ちょっと懐かしい感じもするブリティッシュ・ロックの香り漂うロックンロールナンバーを歌うジュリーです。
その曲調、サウンドには。英国盤ならではの乾きながらも温かみのある音質が合っています。
このアルバムを聴いていると。ジュリーが加瀬邦彦と組んでやりたかったことが解る気がします。
グラム・ロックとバブルガム・ポップの中間のちょっと怪しくも楽しく弾けるロックンロールってとこかな。
またジュリーの歌声がね。英語になると。またカッコ良くてエロティックで。相当特訓させられたみたいですけど。
いや、もう。堪りません。この頃の、このアルバムのジュリーは間違いなくロックンロール・スターですよね。
いま話題の『沢田研二 In 夜のヒットスタジオ』ではこのアルバムの少し後の時期からの姿が観れますが。
もう。その美しさ、カッコ良さ。魅せられて。痺れてしまいます。本当にね、もう。美しすぎます。
出来ればね。このアルバムのナンバーを歌ってる海外公演の映像とかもねぇ。残ってないのかなぁ・・・

美しい。
美しすぎて。
カッコいい。
カッコ良すぎて。
目が釘付け。

美しい。
美しすぎて。
カッコいい。
カッコ良すぎて。
一瞬たりとも。
目を離せない。

この。
美しさに。
この。
カッコ良さに。
魅せられて。
惹かれて。

もう。
どれくらいの。
時が流れたのだろう。
もう。
どれくらい。
追い続けているのだろう。

楽しい。
楽しすぎて。
もう。
時の過ぎゆくのも。
忘れて。
追憶に。
浸っていられる。
夜毎。夜毎。
魅せられて。
惹かれて。

待ち望んでいた。
『沢田研二 In 夜のヒットスタジオ』が届いてから。
我が家は。
眠れない。
寝不足の日々が続いています(笑)。

それにしても。
美しすぎる・・・



web拍手 by FC2

|

« 2011/12/14 Wed *今年の、今年も / Joe With Flower Travellin' Band | トップページ | 2011/12/16 Fri *医者なんてさ / Humble Pie »

005 Japanese」カテゴリの記事

016 沢田研二(ジュリー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011/12/15 Thu *美しすぎて / Kenji Sawada:

« 2011/12/14 Wed *今年の、今年も / Joe With Flower Travellin' Band | トップページ | 2011/12/16 Fri *医者なんてさ / Humble Pie »