« 2012/01/17 Tue *この同じ世界の何処かで / Rickie Lee Jones | トップページ | 2012/01/19 Thu *ある冬の日の午後 / Simon & Garfunkel »

2012/01/18 Wed *お互い様 / Carpenters

20120118closetoyou


お互い様。

そう言って。
お互いに。
当たり前に。
手を差し出せる。
差し出されて手を取れる。

その一言で。
お互いに。
普通の顔で。
背中を支えられる。
安心して身を任せられる。

お互い様。

そんな存在が。
すぐ傍に。
すぐ隣に。
いることの。
安らぎを。
幸せを。

『Close To You』'70年リリース。
まだまだあか抜けない感もある2人の姿も印象的なカーペンターズの2ndアルバム。
実は初めて買った洋楽のレコードがカーペンターズの「Top Of The World」のシングル盤で。
未だステレオなんてものは家に無かったので。シングル盤しかかけられないポータブル・プレイヤーで。
何度も何度も。ひっくり返しては聴いて。そのうちに何枚かシングル盤も増えていってと。
そんな出会いをしたので。つい最近まで。カーペンターズのオリジナル・アルバムってあまり聴いてなくて。
だってねぇ、どうしたってシングル盤で聴いてた曲、ヒット曲を集めたベスト・アルバムに針を落としてしまって。
なんですけどね。昔はそれこそ一日中、どのラジオ局でもカーペンターズかけてましたからね。
結構オリジナル・アルバムにしか収められてない曲その実は耳に残っていたりして。
このアルバムでも。何のことは無い。あれっ、この曲も、この曲も知ってるじゃんと。結果同じじゃないと、ね。
さて。リチャードによるオリジナルもいいのですが。やっぱり。そこはそのカヴァーの妙味にやられるところで。
「Help」も「Reason To Belive」も「Baby It's You」も。全部そのアレンジによってカーペンターズのものになってて。
勿論、それはそのアレンジに応えて見事に、その美しい声で歌っているカレンによるところが大きいのですが。
リチャードも相当気合入れて創ったんだろうなと。バカラックやビートルズに名前負けしてなるものかってね。
それにしても。やっぱり。「(They Long To Be ) Close To You」そして「We've Only Just Begun」かな。
結局シングルになってヒットした曲なんですけどね(笑)。この素晴しさは永遠に変わらないんだろうなぁと。
カレンって当時未だ19歳だったんですね。19歳でこの歌の完成度。あまりにも出来過ぎだったんだなぁ・・・

お互い様。

そう言わなくても。
お互いに。
特別なことでなく。
動いてくれる。
何の疑いもなく任せられる。

言葉など無く。
お互いに。
何でもないよって。
笑顔をみせられる。
ずっと一緒ににいられる。

お互い様。

そんな存在が。
すぐ傍に。
すぐ隣に。
いることの。
安らぎを。
幸せを。

だから。
今日は。
安心して。
寝てていいよ。
だから。
今日も。
安心して。
寝てるんだよね。

ここ最近は。
支えられて。
安心させてもらって。
ばかりだったしね。

いつも。
傍に。
しかも。
まだまだ。
始まったばかり。
いつまでも。
始まったばかり・・・みたいなんだろうなぁ(笑)。



web拍手 by FC2

|

« 2012/01/17 Tue *この同じ世界の何処かで / Rickie Lee Jones | トップページ | 2012/01/19 Thu *ある冬の日の午後 / Simon & Garfunkel »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

このアルバムのヂャケット懐かしいなあ。当時のガールフレンドが好きだったから、ボクも聴いてたよ。
72年の来日公演は観たけど、まだ大ブレイク前だったからカレンは前半ドラムで後半センターって構成だったね。
カレンの唄はもちろん素敵だしリチャードのアレンジも素晴らしい!
ライヴでもあのコーラスの再現から『Close To You』への流れが見どころになっていたよ。
そいえば、Iくんも洋楽を聴き始めたのはカーペンターズからだって云ってたなあ。。。

投稿: issie | 2012-01-20 14:55

今じゃカレンがドラマーだったなんて知ってる人は少ないんでしょうね。
なにかのクリップでも叩いてたよなぁ。「Superstar」だったかなぁ・・・
I師匠もそうでしたか。我々世代はだいたいカーペンターズで洋楽に入ってるんじゃないかな。
そうか。しかも年代的には俺もissieさんや、I師匠の地元に住んでたころですねhappy01

投稿: TAC | 2012-01-20 19:07

そうそう、カーペンターズを観たのは栄の今はなき愛知文化講堂だったよ。
キャパは少なかったけど観やすくて好きな会場だったなあ。。。
ロックは名古屋市公会堂ばかりだったから、ここで観たのはあとライ・クーダーぐらいだね。

投稿: issie | 2012-01-20 19:43

流石に愛知文化講堂は知らないですねぇ・・・
そうかそこでやったんですね。
名古屋市公会堂は名古屋のロックのメッカでしたもんねgood

投稿: TAC | 2012-01-21 00:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/53776654

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/01/18 Wed *お互い様 / Carpenters:

« 2012/01/17 Tue *この同じ世界の何処かで / Rickie Lee Jones | トップページ | 2012/01/19 Thu *ある冬の日の午後 / Simon & Garfunkel »