« 2012/01/22 Sun *ブレーキの壊れた / Savoy Brown | トップページ | 2012/01/24 Tue *それは終わりではなく / ザ・タイガース »

2012/01/23 Mon *雨が降ろうが何が降ろうが / Fleetwood Mac

20120123fleetwoodmac


雨が降ろうが。
何が降ろうが。
例え。
雪だろうと。槍だろうと。

毎日。
やろうと。
そこまで言うなら。
やってやろうじゃないかと。
決めた途端に。

この天気かよ。
しかも月曜日。
雨の月曜日は。
苦手なんだよ。
しかも雪になりそうだし。

これじゃ。
道も定まらない。
あまり足も延ばせない。
まるで。
野良犬の様に。

背中丸めて。
縮こまって。
それでも。
あっちへ。こっちへ。
歩いてみようか。

『Fleetwood Mad』'68年リリース。
ロンドンの街角を彷徨う野良犬のジャケットが印象的なフリートウッド・マックの1stアルバム。
正式名称はピーター・グリーンズ・フリートウッド・マックだった初期のフリートウッド・マックです。
チキン・シャック、サヴォイ・ブラウンと並んで3大ブリティッシュ・ブルース・バンドだったんですよね。
その中でも“緑神”と称されたグリーンが率いるフリートウッド・マックが一番成功したんですよね。
マイク・ヴァーノンが起こした新興レーベル、ブルー・ホライズンの顔となったフリートウッド・マック。
B.B.キングの影響を受けたグリーンと、エルモア・ジェイムスの影響下にあったジェレミー・スペンサー。
タイプの異なる2人のギタリストを擁して。このアルバムでは殆どがオリジナル・ナンバーながらも。
そこに漂うブルースの濃厚な匂いは半端ありません。ここまでやってしまえるなんて。恐るべしと。
繊細で伸びやかなソロを聴かせるグリーン、豪放磊落に暴れまくるスペンサー。いい組み合わせです。
スペンサーのエルモアへの憧憬振りは凄まじくて。「Shake Your Money Maker」なんて完コピですもんね。
この後に3人目のギタリスト、ダニー・カーワンを迎えて。更に飛翔するフリートウッド・マックですが。
成功の代償としてのプレッシャーからか。ドラッグやらなんやらで。ギタリスト達は皆バンドを離れて。
全然別のバンドになってしまいました。世間的にはその後の方が有名で好まれてるんでしょうけど。
自分にとっては。やっぱりブリティッシュ・ブルース・バンドでこそのフリートウッド・マックなんですよねぇ。
それにしても。ジョン・メイオールの下からグリーンやミック・フリートウッド、ジョン・マクヴィーが集団離脱して。
フリートウッド・マックが結成されて。チキン・シャックからクリスティン・パーフェクトを引き抜いてとか。
サヴォイ・ブラウンからもメンバーが集団離脱してフォガットが結成されて。困っちゃったキム・シモンズ。
チキン・シャックからメンバー引き抜いてバンドを継続。挙句にはスタン・ウェブまでサヴォイ・ブラウンに加入して。
グリーンは何度も引退と復帰を繰り返して・・・ブリティッシュ・ブルースって日本のプロレス界みたいだな(苦笑)。

雨が降ろうが。
何が降ろうが。
例え。
雪だろうと。槍だろうと。

毎日。
歩こうと。
どうせなら走らされる前に。
自分から歩き始めようと。
決めた端から。

この天気だもの。
しかも月曜日。
雨の月曜日なんて。
最悪なんだよな。
しかも雪になっちゃったし。

これじゃ。
足許も覚束ない。
早足でなんか歩けない。
まるで。
野良犬の様に。

びしょ濡れで。
震えて。
それでも。
あっちへ。こっちへ。
歩いてみようか。

雨が降ろうが。
何が降ろうが。

決めたからな。
決めちゃたからな。
やるしか。
歩き始めるしか。
ないんだけど。
ほんと。
こんな天気じゃな。

野良犬みたいな。
そんな気分。
でも。
まぁ。
それも。
実は結構悪くないなと。
思ってるんだけどね。



web拍手 by FC2

|

« 2012/01/22 Sun *ブレーキの壊れた / Savoy Brown | トップページ | 2012/01/24 Tue *それは終わりではなく / ザ・タイガース »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/53813034

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/01/23 Mon *雨が降ろうが何が降ろうが / Fleetwood Mac:

« 2012/01/22 Sun *ブレーキの壊れた / Savoy Brown | トップページ | 2012/01/24 Tue *それは終わりではなく / ザ・タイガース »