« 2012/02/07 Tue *雨よ、雨よ、降らないで / The Beatles | トップページ | 2012/02/09 Thu *過ぎたるは・・・ / The Who »

2012/02/08 Wed *舌でもペロッとね / AC/DC

20120208fromtheatlanticstudio


舌でも。
ペロッとね。
出してやれば。
いいんだよ。
そうだ。
そうなんだ。

真面目に。
考え過ぎて。
あれやこれや。
思い悩んで。
深みに。
はまってしまったら。

そうだ。
ちょっとばかり。
斜めから。
見てみたり。
ちょいとばかり。
捻ってしまえば。

そんな。
大切なことを。
忘れそうになって。
そんな。
大事なことを。
思い起こされて。

『Live From Atlantic Studios』'77年リリース。
『Let There Be Rock』を携えて全世界制覇に乗り出したAC/DC。
そのプロモーションの為にアトランティック・レコードのスタジオで収録されたライブ・アルバム。
主に全世界のラジオ局に向けて配布された様で。一般発売はされなかったものの様です。
(今はボックス・セット『Bonfire』の一部としてCD化されていますが。そちらはリミックスされてます)
観客を入れてのライブだったとのことですが。殆ど歓声は聞こえてきません。
その分、アンガス・ヤングのギターの減の擦れる音まで聴こえそうな生々しさが堪りません。
1年後に製作された初のオフィシャルなライブ・アルバムである『If You Want Blood』と比較すると。
貫録や完成度では分が悪いのですが。なんだか初々しさも感じられる緊張感のある演奏が新鮮です。
初々しいとは言っても。そこはAC/DCですから。勿論、そのバカバカしいまでの如何わしくも愛おしい。
ロックンロール一筋の、ひたすら弾けまくる、そのバカっぷりの良さは存分に発揮されています。
スケールは何倍、何十倍、何百倍になっていったAC/DCですが。その根本はこの頃から変わっていなくて。
この健気なまでの(?)ロックンロールに対する盲信、もうそれこそがAC/DCがAC/DCたるところですからね。
しかも妙に求道者っぽくも、学究者ぽくもならない(なれない?)ところがいいんですよねぇ。
バカバカしいっちゃぁ、本当にバカバカしいんですけどね。でも最高っちゃぁ、これこそが最高でしょう。
ジャケットのアンガスの様に。舌でも出して。こっちも。その真剣なユーモアにとことん付き合いたくなるのです。

舌でも。
ペロッとね。
出してやれば。
いいんだよ。
そうだ。
そうなんだ。

妙に。
求め過ぎて。
あれだこれだと。
決めこんで。
ガチガチに。
凝り固まってしまったら。

そうだ。
とにかく。
笑い飛ばして。
しまったり。
悪戯心で。
弾けてしまえば。

そんな。
大切なことを。
忘れそうになって。
そんな。
大事なことを。
思い起こされて。

そうさ。
ブレ無ければ。
曲げなければ。
ひたすらに。
バカバカしく。
真剣にユーモアでもって。
向き合っていけば。

そんな。
大切なことを。
忘れそうになって。
そんな。
大事なことを。
思い起こされて。

そのしかめっ面に。
その狭い心に。
舌でも。
ペロッとね!



web拍手 by FC2

|

« 2012/02/07 Tue *雨よ、雨よ、降らないで / The Beatles | トップページ | 2012/02/09 Thu *過ぎたるは・・・ / The Who »

007 Other Countries」カテゴリの記事

018 AC/DC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/53952145

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/02/08 Wed *舌でもペロッとね / AC/DC:

« 2012/02/07 Tue *雨よ、雨よ、降らないで / The Beatles | トップページ | 2012/02/09 Thu *過ぎたるは・・・ / The Who »