« 2012/03/06 Tue *限りあると / Ten Years After | トップページ | 2012/03/08 Thu *夜やって来る / The Edgar Winter Group »

2012/03/07 Wed *同じとは限らない / Humble Pie

20120307assafeasyesterdayis


同じとは限らない。
続くとは限らない。

それは。
当然の事なんだけど。
そうなんだけど。

時に。
その事を忘れてしまって。
驚かされる。
油断してたわけじゃないんだけど。

時に。
同じじゃなかった。
続かなかった。
その事を。
疑ってもみたくなる。

それくらい。
同じじゃない。
続かない。
その事が。
信じられなかったりする。

『As Safe As Yesterday Is』'69年リリース。
スティーヴ・マリオットとピーター・フランプトンを中心に結成されたハンブル・パイ。
当時流行のスーパー・バンドとして期待されていたハンブル・パイの1stアルバムです。
その割には内容が地味だったとして。あまり評価も高くなく商業的にも大成功とまではいかずと。
そんなこんなであまり語られることも無いアルバムになってしまっています。まぁ、確かにねぇ。
マリオットが一枚看板となって。ソウルフルにシャウトしまくった後の姿と比較すれば地味なんですけどね。
でも。マリオットとフランプトン。夫々にアイドル扱いに嫌気がさしてた時代に別れを告げて結成しただけに。
(その割には。アルバム・タイトルは相反して変化を望んでない様にもとられそうですが・・・)
スモール・フェイセズやザ・ハードではできなかったことを伸び伸びとやっていて。その解放感がいい感じで。
兎にも角にも。俺達はこんなロックをやりたかったんだぜと。そんな解放宣言みたいなものだったのかなと。
その歌声も。そのギターも。生き生きとしているのがサウンドの質感として伝わってくるのです。
2ndアルバムである『Town And Country』とこのアルバムは同じ時期に録音されていて。
ソウルフルでハードなナンバーと、アコースティックでフォーキーなナンバーをアルバムごとに分けたとも。
もしそうだとすると。このアルバムには前者のタイプのナンバーを多く集めたのかな。
もう既に。マリオットのあの歌声がバンドを牽引していて。相当バンドとしては端から安全では無かったんですね。
でも、まぁ。マリオットですからねぇ。唯我独尊で危なっかしくて。そこが魅力なんだからねぇ、当然かな。

同じとは限らない。
続くとは限らない。

それは。
望んでいることでも。
事によってはあるんだけど。

時に。
予想だにしなかったを。
突き付けられて。
隙を突かれて。
深層に迫られて。

時に。
同じじゃなくなったら。
続かなかなくなったら。
その事を。
想像させられて。
呆然と立ち尽くす。

それくらい。
同じじゃない。
続かない。
その事が。
信じられなかったりする。

同じとは限らない。
続くとは限らない。

でも。
ある一点。
それだけは。
昨日と。
昨日までと。
同じ様に。
安心していられる様にと。
切に願ってる。

本当にさぁ。
頼むからさぁ。
ねぇ。

同じとは限らない。
続くとは限らない。
絶対なんて存在しない。

そうだとしても・・・ね。



web拍手 by FC2

|

« 2012/03/06 Tue *限りあると / Ten Years After | トップページ | 2012/03/08 Thu *夜やって来る / The Edgar Winter Group »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/54167483

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/03/07 Wed *同じとは限らない / Humble Pie:

« 2012/03/06 Tue *限りあると / Ten Years After | トップページ | 2012/03/08 Thu *夜やって来る / The Edgar Winter Group »