« 2012/03/12 Mon *朝から一杯 / Ike And Tina Turner | トップページ | 2012/03/14 Wed *せめて / Sam Cooke »

2012/03/13 Tue *どっちもどっち、ぼっちぼっち / Gladys Knight & The Pips

20120313neitheroneofus


どっちもどっち。
多分。
この世の多くは。
そんなこと。

そう。
思うことで。
バランスを崩さずに。
調子を乱さずに。

いられるのだけど。
時々。
どうしても。どうにも。
思えなくて。保てなくて。

あぁ。
なんで。
どうして。
こんなことにと。

『Neither One Of Us』'73年リリース。
グラディス・ナイト&ザ・ピップスのモータウンでのラスト・アルバム(だったかな、たぶん・・・)。
邦題は『さよならは悲しい言葉』だったかな。本来の意は、どちらかだけが悪い訳じゃ無い・・・くらいで。
まぁ、嫌いになったんじゃないんだけど。別れざるを得ない男と女・・・ソウルの定番と言えば定番ですね。
グラディスはアレサ・フランクリンやメイヴィス・ステイプルズと比肩し得るレディ・ソウルだと思うのですが。
どうもモータウンでは冷遇されていたと言うか。モータウンとは相性が悪かった様で。
早く辞めたくてしょうがなかった。辞めてスッキリしたくらいのことを後年語ったりしてた様ですが。
スター・システムと言うか、他のグループのヒット・ナンバーをアルバムの中で歌わされることに反発してたとか。
それだけの自信と矜持があったってことでしょうね。確かにその歌声の迫力と表現力は半端ないですからね。
そして。バラードでも。ミディアムでも。アップでも。その実力の程を遺憾なく発揮するグラディスです。
このアルバムではバラードは少なめで。後のブッダ時代を思わせる乗りのいいナンバーが多く。
それらも見事ですが。アルバム冒頭の「Neither One Of Us (Wants To Be The First Say Goodbye)」が。
このバラードが。このバラードでのグラディスの歌声に込められた思い、溢れ出す情感。
やっぱり。このアルバムでは。そのぼっちぼっち感が最高かな。いつ針を落としても。包まれて癒されます。

どっちもどっち。
多分。
この世の多くは。
そんなとこ。

そう。
思うことで。
バランスも崩れずに。
調子も乱れずに。

済んでいるのだけど。
時々。
どうしても。どうにも。
思い乱れて。持ち堪えられなくて。

あぁ。
なんで。
どうして。
こんなことをと。

どっちもどっち。
ではなくて。
自分だけがと。
良きにつけ。
悪しきにつけ。

そんな時は。
無理をせずに。
静かに。
思いだす。
想う。抱く。
そうなんだよ。
ぼっちぼっち。
なんだから。
崩さずに。
乱さずに。
ぼっちぼっち。
なんだよと・・・ね。



web拍手 by FC2

|

« 2012/03/12 Mon *朝から一杯 / Ike And Tina Turner | トップページ | 2012/03/14 Wed *せめて / Sam Cooke »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/54224693

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/03/13 Tue *どっちもどっち、ぼっちぼっち / Gladys Knight & The Pips:

« 2012/03/12 Mon *朝から一杯 / Ike And Tina Turner | トップページ | 2012/03/14 Wed *せめて / Sam Cooke »