« 2012/03/17 Sat *ひとりぼっちのリビング / Dave Edmunds | トップページ | 2012/03/19 Mon *禁煙はしたけれど / かまやつひろし »

2012/03/18 Sun *音楽を信じよう / 沢田研二

20120318julielive77


音楽を信じよう。

変わらぬ日々があることの。
ありがたさを。
心の片隅ででも感謝しながら。
笑顔とステップを忘れずに。
この一日を。毎日を。過ごしていこう。

そんな日常を保つことで。
少しでも余裕を持つことで。

未だ続いている長い道のりを。
諦めずに、立ち止まらずに。
歩き続けている誰かの。
支えになる何かを。
届けられる力を持たちいなと。
持ち続けられたらいいなと。

あれから一年。
まだまだ続いている。
慟哭と苦闘。
でも。
ここに音楽があること。
ここで音楽が鳴っていること。
ここで歌が歌われていること。

それが。
誰かの。自分の。
笑顔を呼ぶことができれば。
誰かの。自分の。
力の源にでもなればと。

一年前と変わらぬ思いで。

音楽を信じよう。

『沢田研二リサイタル ハムレット・イン・ジュリー』'77年リリース。
同年6月に行われたリサイタルの模様を収録した沢田研二、ジュリーのライブ・アルバム。
リサイタル・・・って最近は使わないですよね。時代を感じるかな。
タイトルからも解る様に。ハムレット・イン・ジュリーなるミュージカル(でいいのかな?)をやっています。
いま聴くと。ちょっと違和感がありますが。これもやはり時代だったのでしょうか。
前半がザ・タイガース時代のナンバー。中盤にミュージカル。後半に当時の大ヒット・ナンバー。
そしてラストへと。そんな構成になっています。未だこの間のツアーの余韻が残っているので。
A面で「ラヴ・ラヴ・ラヴ」とか歌われると。あれっ、もう終わりかなってちょっと焦ったりもして(笑)。
この頃はリアル・タイムで観ていないので。なんか凄く新鮮だったりします。
ライナーが豪華な写真集になっていて。あぁ、この時のジュリーを観たかったなぁと。強く思います。
「危険なふたり」「勝手にしやがれ」「さよならをいう気もない」と続くところも凄くカッコいいし。
で、やっぱり。「アイ・ビリーヴ・イン・ミュージック」かな。カヴァーですけど。ジュリー自身が訳詞をしていて。
その歌詞がね。いいなと。この音楽の、歌への強い思いこそがジュリーの力なんだろうなと。

倖せを感じられる 歌う時に 心強く生きて行けそうだよ そしてみんなで声合わせて歌えたら
何よりもうれしいんだ アイ・ビリーヴ・イン・ミュージック アイ・ビリーヴ・イン・ラブ

だからこそ。今回も。新譜である『3月8日の雲』でも。その音楽で、その歌で、その力で。
亡くなられた方々、被災された方々、そして闘い続けてる方々に。寄り添い、力になろうとしているのでしょう。
そうだよねと。どんな時でも。大好きな音楽を、歌を聴けば。例えその間だけだとしても。
笑顔になれるし、涙が毀れたとしても。胸が温かくなって。力がさ、湧いてくるもんね。うん、音楽を信じよう。
(「アイ・ビリーヴ・イン・ミュージック」も回した今夜のセットリストはこちらに・・・)

音楽を信じよう。

変わらぬ日々があることの。
ありがたさを。
心の片隅ででも感謝しながら。
笑顔とステップを忘れずに。
この一日を。毎日を。過ごしていこう。

そんな日常を保つことで。
少しでも余裕を持つことで。

未だ続いている長い道のりを。
諦めずに、立ち止まらずに。
歩き続けている誰かの。
支えになる何かを。
届けられる力を持たちいなと。
持ち続けられたらいいなと。

あれから一年。
まだまだ続いている。
慟哭と苦闘。
でも。
ここに音楽があること。
ここで音楽が鳴っていること。
ここで歌が歌われていること。

それが。
誰かの。自分の。
笑顔を呼ぶことができれば。
誰かの。自分の。
力の源にでもなればと。

一年前と変わらぬ思いで。

音楽を信じよう。

そして。
今夜も。
この街の片隅で。
音楽が流れ。
馴染の笑顔や。
新たな出会い。
音楽と共に。
歌と共に。
アルコールと共に。
広がって。
心が。
優しさで潤されていく。
そんな一時が。
そんな夜が。
ここにもある様に。
あの街にも。
あの街の。
何処かの店にも。
同じ様なひと時が。
同じ様な夜が。
ある様にと。

音楽を信じよう!



web拍手 by FC2

|

« 2012/03/17 Sat *ひとりぼっちのリビング / Dave Edmunds | トップページ | 2012/03/19 Mon *禁煙はしたけれど / かまやつひろし »

005 Japanese」カテゴリの記事

016 沢田研二(ジュリー)」カテゴリの記事

コメント

大学時代にアイビリーブインミュージックをやったことがあります。
ミュージックメドレーという歌で、いろんな歌をメドレーにして作った曲の中にサビだけ使われてました。
大学時代のサークルの伝統曲でしたがオリジナルを誰も知らなかった。
グループ名は確かニューシーカーズ。TACさん、このグループ知ってますか?

投稿: Mick kazu | 2012-03-21 19:38

大学でやってたんですね!
「アイ・ビリーヴ・イン・ミュージック」のオリジナルはマック・デイヴィスなるカントリー・シンガーみたいです。
ジュリーだけでなく色んなカヴァーがあるみたいですよね。我らがキャンディーズもライブでは十八番だったようですし。
ニュー・シーカーズは“あの人”が好きだった様な記憶が。「恋するハーモニー」とかってナンバーがコークのCMソングで。
'70年代に世界中で大ヒットしたんだとか。俺も微かに聴き覚えがあります。“あの人”のお店でも聴いたかな・・・

投稿: TAC | 2012-03-21 20:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012/03/18 Sun *音楽を信じよう / 沢田研二:

« 2012/03/17 Sat *ひとりぼっちのリビング / Dave Edmunds | トップページ | 2012/03/19 Mon *禁煙はしたけれど / かまやつひろし »