« 2012/03/27 Tue *今だけが / The Rolling Stones | トップページ | 2012/03/29 Thu *晴れた午後、ノイズだらけの街角で / The Kinks »

2012/03/28 Wed *また夜が・・・ / Them

20120328theworldofthem


また。
夜が来る。
当たり前だけど。
今日も。
夜が来る。

元々。
夜型で。
宵っ張りで。
夜になると。
調子が出てくる。
そうだったんだけど。

ここのところ。
少しばかり。
様子が異なる。
調子がおかしい。
夜が来るのが。
好きでもない。

どうも。
そうらしい。

『The World Of Them』'70年リリース。
デッカ・レコードの廉価版ベスト・アルバム・シリーズの1枚として編集されたゼムのアルバム。
'64年から'66年の短い活動期間に遺された2枚のアルバムとシングルだけのナンバーから選曲されています。
ゼムと言えば、ヴァン・モリソン。他のメンバーには悪いですが。ヴァンが歌ってなんぼのゼムです。
実際にヴァン以外のメンバーは流動的で。レコーディングにはジミー・ペイジとかも参加してたとか、いないとか。
兎にも角にも。若き日のヴァンの熱くソウルフルな歌声が聴こえてくるだけで鳥肌が立ちます。
ソロになって以降の求道的とまで言える雰囲気は無いものの。ここでも、もう歌一筋。
一曲、一曲に。全力でぶつかっていく、まさに全身全霊を込めて歌っているヴァンの姿が目に浮かぶのです。
ここまで心決めて歌われたら。聴いてるこっちだって心して、心震わせて立ち向かうしかないですよね。
未だ青い部分があると言えばあるのですが。その青さが余計にヴァンの熱い思いを伝えてもくれるのです。
まぁ、あまりに熱すぎて。遊びと言うか余裕が無いところもあって。そこら辺りがストーンズとの差にはなったかな。
ヴァンと対等に渡り合えるメンバーがいればねぇ、ゼムとしてもっと伸びしろもあったんでしょうが・・・
(でも。そうなってたら。素晴しいソロ・シンガーとしてのヴァンは今とは違う姿になってたかも知れないですけど)
「Gloria」「Mystic Eyes」「Baby Please Don't Go」...そしてそして「Here Comes The Night」と。
ほんと。いま聴いても素晴らしいナンバーの数々。それだけで十分かな。うん。そうだな。
ところで。このシリーズ他のアーティストのジャケットは写真なのですが。何でゼムはイラストだったのかな???

また。
夜が来た。
当たり前だけど。
今日も。
夜が来た。

元々。
夜型で。
宵っ張りで。
夜にならないと。
調子が出てこない。
そうだったんだけど。

ここのところ。
少しばかり。
様子が異なって。
調子がおかしいのか。
夜が来てるのに。
どうも今一つで。

どうも。
そうらしい。

夜が。
象徴するもの。
夜が。
もたらすもの。
それがね。
合わなくなったのかなぁ・・・

なんて。
言いながら。
結局。
てっっぺん超えた。
真夜中過ぎまで。
なんだかんだと。
蠢いているんだけどね(笑)。



web拍手 by FC2

|

« 2012/03/27 Tue *今だけが / The Rolling Stones | トップページ | 2012/03/29 Thu *晴れた午後、ノイズだらけの街角で / The Kinks »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/54335050

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/03/28 Wed *また夜が・・・ / Them:

« 2012/03/27 Tue *今だけが / The Rolling Stones | トップページ | 2012/03/29 Thu *晴れた午後、ノイズだらけの街角で / The Kinks »