« 2012/04/08 Sun *伝えていくもの / The Black Crowes | トップページ | 2012/04/10 Tue *胸いっぱいの / Led Zeppelin »

2012/04/09 Mon *悪さしようぜ / Bad Company

20120409badcompanyukoriginal


今年も。
この季節だ。
この日だ。

あの年も。
今年みたいに。
咲き誇った桜が。
散り始める頃だった。

こんなに。
いい天気で。
いい陽気で。
こんなにも。
桜が鮮やかで。

そうさ。
誘われるだろ。
ムズムズするだろ。
疼くだろ。
蠢くだろ。
だから。
なぁ、またさ。
悪さししようぜ。

『Bad Company』'74年リリース。
元フリー、元モット・ザ・フープル、元キング・クリムゾンのメンバーが集結して。
米国ではツェッペリンのスワン・ソングと契約してと。デビュー前から期待の大きかったバッド・カンパニー。
その期待に違わず、否、その期待を凌駕して。大絶賛で迎えられた1stアルバム。
今日が命日の友人が。“バドカン”は1stに尽きるよねぇ~、あれはいいよねぇ~と絶賛していたアルバム。
尽きるとまでは言いませんが。確かにね。A面頭の「Can't Get Enough」のカウントとイントロだけで。
それだけで。決まってしまうくらい、いいアルバムだなと。何ともブリティッシュ・ロックらしいアルバムでもあって。
やっぱりロックはブリティッシュだよねぇ~と言ってたその友人が大好きだったのもよくわかるかな。
(そう言ってたわりには。ビーチ・ボーイズも大好きだったよな・・・まぁ、その節操の無さがらしくていいけど)
フリーってのは相当マネジメントやマーケティングが酷かったらしくて。そのせいで米国では成功できなかったと。
故にポール・ロジャースもサイモン・カークも。そこは相当懲りて、多分に意識があった様で。
それが後年はちょっと大味になってしまった原因かなとも感じるのですが。このアルバムではまだまだ。
フリーの残り香と言うか、英国の香り、ブリティッシュ・ロックならではの味わいが沁み込んでいるんですよね。
それでいて。「Can't Get Enough」なんてキャッチーなナンバーもあるので。そりゃ悪い訳が無いですね。
ミック・ラルフスとボズ・バレルには悪いんですが。やっぱり、フリーの流れにあるバンド、サウンドで。
ロジャースのソウルフルな歌声と、カークの振りかぶって一発な重たいリズムがやっぱり最大の魅力です。
それにしても。バッド・カンパニーねぇ~、いいバンド名だよねぇ~・・・

今日は。
この季節の。
あの日だ。

あの年と。
同じ様に。
咲き誇った桜の下。
散り始めた花弁を見てる。

こんなに。
いい天気で。
いい陽気で。
こんなにも。
桜が艶やかで。

どうよ。
誘われてるだろ。
ムズムズしてるだろ。
疼いてんだろ。
蠢きだしただろ。
だから。
なぁ、またさ。
悪さししようぜ。

じゃないと。
この春がもったいないんだ。
じゃないと。
この春も寂しすぎるんだ。
だから。
なぁ、またさ。
二人で。
悪さしようぜ。
せっかくだからねぇ~。

桜の季節は。
美しく。
鮮やかで。
艶やかで。
でも。
どうしようもなく。
切なくて。

空の上の。
悪友に。
会いたくなるのです。

なぁ。
師匠。
悪さしようぜ。
せっかくだから・・・
せっかくだからねぇ~。



web拍手 by FC2

|

« 2012/04/08 Sun *伝えていくもの / The Black Crowes | トップページ | 2012/04/10 Tue *胸いっぱいの / Led Zeppelin »

001 British Rock」カテゴリの記事

011 Free」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/54450420

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/04/09 Mon *悪さしようぜ / Bad Company:

« 2012/04/08 Sun *伝えていくもの / The Black Crowes | トップページ | 2012/04/10 Tue *胸いっぱいの / Led Zeppelin »