« 2012/05/04 Fri *回復の秘薬 / The Meters | トップページ | 2012/05/06 Sun *新しいコインを / Chuck Berry »

2012/05/05 Sat *ロックンロールを抱いた / Bo Diddley

20120505haveguitarwilltravel


ギターを抱いた。
ベースを抱いた。
サックスを抱いた。
ドラム・セットを担いだ(?)。
渡り鳥。

そう。
ロックンロールを抱いた。
御機嫌なバンドが。
今夜。この街で。
ロックンロール・ショーをぶちかます。

そうとなりゃ。
駆けつけないてはない。
聴きに行かなきゃしかたない。
踊りに行かなきゃ始まらない。
騒いでしまっても止むを得ない。

久し振りなんだ。
楽しみなんだ。
急がなきゃ。走らなきゃ。
ほら。あのリズムが。あのビートが。
もう聴こえてきてる・・・

『Have Guitar, Will Travel』'59年リリース。
特注のボ・ディドリー号に跨ったギターを抱いた渡り鳥ジャケットも最高なボ・ディドリーの3rdアルバム。
いや、もうこのジャケットだけで。それだけで。いいなぁ。流石はボだよなと。そう思っちゃいますよね。
このジャケット見てるだけで。あのリズムが、あのビートが。聴こえてきて。体がですね、勝手に反応します。
いつでも。どこでも。どんな時も。そんな時も。このビート、ボ・ディドリー・ビートが聴こえてきたら。
それだけで。みんな。誰でも。ご機嫌に、幸せになれてしまうのです。凄いよなボ。ボってのが、またいいな。
ドブルースやっても。妙にラテンだったり、エキゾチックだったりしても。基本はボ・ディドリー・ビートです。
それをワン・パターンなんて言うのは野暮でしょう。そのワン・パターンが故の強烈で楽しい個性です。
ここまで徹底できるもんじゃないですからね、普通。途中でよろめいたり、変な色気だしたりしそうですが。
それをよしとしない潔さ。一筋に突き進む男気。これがみんなが憧れる、みんなが大好きなボなのです。
ストーンズも、アニマルズも、プリティ・シングスも、ヤードバーズも。そしてボ・ガンボスも。みんなね。
ジャケットの通りに。あの四角いギター抱いて。街から街へ。最後までロックンロールしに渡り歩いてたボです。
もう、その姿が、そのスタイルが。それそのものが。ロックンロールなんだよねと。そう思うのです。
このアルバムには、「Mona」こと「I Need You Baby」も収められていて。ほんとご機嫌なんですよねぇ。

ギターを抱いた。
ベースを抱いた。
サックスを抱いた。
ドラム・セットを担いだ(?)。
渡り鳥。

そう。
ロックンロールを抱いた。
御機嫌なバンドが。
今夜。この店で。
ロックンロール・ショーをぶちかましてる。

なんとか。かんとか。
駆けつけた途端に。
聴きながら体が勝手に反応してる。
踊り始めたらもう止まらない。
大騒ぎすることは知っていた。

久し振りだしね。
飢えてたんだ。求めてたんだ。
歌っちゃおう。踊っちゃおう。叫んじゃおう。
ほら。あのリズムが。あのビートが。
もう止まらないんだ・・・御機嫌なんだ!

黄金週間の。
最後の土曜の夜。
大好きな。
ロックンロール仲間のバンドのライヴ。
ロックンロールを抱いた。
ロックンロールに抱かれた。
そんなご機嫌な奴等のライブ。
最高の土曜の夜だったんだ!



web拍手 by FC2

|

« 2012/05/04 Fri *回復の秘薬 / The Meters | トップページ | 2012/05/06 Sun *新しいコインを / Chuck Berry »

002 American Rock」カテゴリの記事

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/54651872

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/05/05 Sat *ロックンロールを抱いた / Bo Diddley:

« 2012/05/04 Fri *回復の秘薬 / The Meters | トップページ | 2012/05/06 Sun *新しいコインを / Chuck Berry »