« 2012/05/10 Thu *踏まぬ様、堕ちぬ様 / The Who | トップページ | 2012/05/12 Sat *相応しい / Queen »

2012/05/11 Fri *温故知故 / The Beatles

20120511pastmasters


故きを温ねて。
故きを知る。
なんてことが。
実は。
多かったりするんだと。

もう。
いいだろう。
もう。
十分だろう。
ところがどっこいで。

もう。
振り返るつもりも無かった。
そんなものにこそ。
これからの。
路が示されていたり。
するんだな。

『Past Masters Volumes One & Two』'88年リリース。
ビートルズの公式音源の内で英国盤オリジナル・アルバムに収録されなかったナンバーを集めたアルバム。
要は英国盤のオリジナル・アルバムと、この2枚組アルバムがあれば(ライブは除いて)総てが聴けるという。
実に画期的アルバムなのですが。'87年に始まったビートルズの初のCD化の際に。最後に発売されて。
当然CDがメインで。そちらは2枚がばら売りだったのですが。アナログ盤は2枚組でリリースされたのでした。
'60年代当時はビートルズに限らず英国ではシングルになったナンバーはオリジナル・アルバムに含まれない。
そういった慣例(?)があったにせよ。これだけのクオリティの高い名作、傑作がこのヴォリュームであったんだと。
その事実に。今更ながら驚かされて。更には、あぁ、そうかこのナンバーも、こんなに良かったんじゃんと。
本当に驚くべき、そして懐かしくも新しく。まだまだ色々なことを感じられる、示してくれるビートルズなのです。
単純化すると1枚目がロックンロール・バンドのビートルズで、2枚目がその枠を飛び越えたビートルズかなと。
しかも。この2枚、33曲の間には7年間の月日しか流れていなくて。その変化のスピードにも改めて驚くのです。
しかも。しかも。その7年間で成し遂げられたことの全貌なんて、その何分の一・・・いやそれ以下も解らなくて。
未だに。針を落とす度に。あれっ?とかおおっ?とか。新たな発見があって。それが嬉しいんですよね。
勿論、いつまでかかってんだよって情けなさもあるのですが。温ねられる、知ることができる。それっていいなと。
その時々、その瞬間、瞬間の自分の思いや、針を落とすきっかけによっても異なって聴こえてくるし・・・
今回は。ある目的の為に。ジョンの歌声に特に耳を澄ませて聴いているのですけどね・・・あぁ、そうかとかね。

故きを温ねて。
故きを知る。
なんてことが。
実は。
大切だったりするんだと。

もう。
いいだろう。
もう。
十分だろう。
なんてとんでもなくて。

もう。
立ち戻るつもりも無かった。
そんなところにこそ。
これからの。
礎が隠されてたり。
するんだな。

故きを温ねて。
故きを知る。
なんてことを。
疎かにせずに。
少しばかり。
丹念に。
心を込めて。
やっていこうかなと。
思ったりしているのでした。



web拍手 by FC2

|

« 2012/05/10 Thu *踏まぬ様、堕ちぬ様 / The Who | トップページ | 2012/05/12 Sat *相応しい / Queen »

001 British Rock」カテゴリの記事

009 The Beatles」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/54715935

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/05/11 Fri *温故知故 / The Beatles:

« 2012/05/10 Thu *踏まぬ様、堕ちぬ様 / The Who | トップページ | 2012/05/12 Sat *相応しい / Queen »