« 2012/05/12 Sat *相応しい / Queen | トップページ | 2012/05/14 Mon *ガッツだせ!! / Wilson Pickett »

2012/05/13 Sun *そして・・・ / Booker T. & The MG's

20120513andnow


昨日も。
今日も。
明日も。

そして・・・
いまも。
勿論。
いま、この時も。

何かが変わっていく。
何かが動いている。
何かが生まれて。
何かが・・・
それは。いつも。どこでも。

誰にとっても。
同じなんだろうな。
ならば。
それを。
受け止めて。
歩いて行くしかない。

『And Now !』'66年リリース。
ブッカー・T&ジ・MGズの3枚目となるアルバム。
残念ながら本日天に召されてしまったドナルド・ダック・ダンが初めて参加したアルバムでもありました。
そう。オリジナルのベーシストはルイ・スタインバーグで。「Green Onions」のベースもルイなのです。
意外とこのことは知られていない・・・と言うか。それほどブッカー・T&ジ・MGズのベースと言えばダック・ダンと。
そのイメージが浸透していたし。実際にスティーヴ・クロッパーとは昔馴染みでもあって。すんなりと溶け込んで。
ファンクの要素も加わってきた、新しいソウルの時代へとブッカー・T&ジ・MGズは順風漫歩で滑り出したと。
ながらくスタックス・サウンドを支えて。そのハコバンとして活躍していたブッカー・T&ジ・MGズです。
そのクールで小粋なスタイルは変わらなくとも。当然、その時代時代の先端のサウンドも取り入れていた訳で。
基本しっかり、その上に新しいサウンドにもリズムにも対応できるブッカー・T&ジ・MGズがいたからこそ。
スタックスのソウルは輝いていたんだろうなと。オーティス・レディングも、サム&デイヴも、ウィルソン・ピケットも。
実際、それらのシンガー達の録音が優先で。その空いた時間にしか自分達の為の録音は出来なかったらしく。
あまりの忙しさに。自分達が、どれ程のものなのか、どれ程支持されていたのか。当時は知らなかったとか。
昨日も今日も明日も。総てを受け止めて。ご機嫌なサウンドを鳴らし続けたブッカー・T&ジ・MGズ、カッコいいな。
どうしてもスティーヴのギター中心に聴いちゃうんだけど。ダック・ダンの叩きつける様なベースも好きだったんだ。
そして・・・オーティスも、アル・ジャクソンも、清志郎も、そして、そしてダック・ダンも旅立ってしまったけれど。
スティーヴさん、またいつの日か。そのギターを聴かせて下さいよ、元気な姿を見せて下さいよ・・・とね。

昨日も。
今日も。
明日も。

そして・・・
いまも。
勿論。
いま、この時も。

何かが変わっていく。
何かが動いている。
何かが生まれて。
何かが・・・
それは。いつも。どこでも。

誰にとっても。
同じなんだろうな。
ならば。
それを。
受け止めて。
歩いて行くしかない。

そして・・・
いま。
これから。
まさしく。
自分も。
受け止めて。
歩いて行くしかない。
そう。
ないんだから。
クールで小粋に・・・
決められなくても。
とにかくね!



web拍手 by FC2

|

« 2012/05/12 Sat *相応しい / Queen | トップページ | 2012/05/14 Mon *ガッツだせ!! / Wilson Pickett »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

そうかぁ、ダック・ダンが逝ってしまったのか…。

偉大なベーシストだったよ。お手本でした。

ご冥福を祈ります。

投稿: イトう | 2012-05-16 08:19

日本公演終了後、
帰国予定日の朝にホテルのベッドで永眠されてたそうです。
残念です。スティーヴさんには長生きしてほしいです。

投稿: TAC | 2012-05-16 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/54721488

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/05/13 Sun *そして・・・ / Booker T. & The MG's:

« 2012/05/12 Sat *相応しい / Queen | トップページ | 2012/05/14 Mon *ガッツだせ!! / Wilson Pickett »