« 2012/06/01 Fri *夜の白むまで / The Georgia Satellites | トップページ | 2012/06/03 Sun *未だ残ってる / Tom Petty And The Heartbreakers »

2012/06/02 Sat *手におえない奴等 / The Black Crowes

20120602shakeyourmoneymaker


まったく。
手におえない。
手がかかる。
我儘で。
自分勝手で。
でも。
最高に。
楽しくて。ご機嫌で。
なら、まっ、いいか。

まったく。
手におえない。
手がかかる。
寂しがりで。
甘ったれで。
そのくせ。
人見知りで。
ええかっこしいで。
うん、まっ、いいか。

『Shake Your Money Maker』'90年リリース。
今はまたもや何回目かの活動休止中らしいブラック・クロウズの1stアルバム。
ロック不毛の時代に。なんとまぁ、ストレートな連中が出てきたもんだなぁと。半ば呆れつつ。
勿論、そのストレートで、ブルージィでソウルフルなロックンロールに結局のところ痺れたんですけどね。
一方では随分、レトロだ懐古主義だと叩かれていた様な。あの馬鹿みたいな時代には馬鹿も多かったからなぁ。
そう言えば誰かが。ストーンズがやればロックンロールで、ブラック・クロウズがやればクローンかよと。
そんなこと言いながら扱いの酷さを嘆いていたな(苦笑)。う~ん、まぁ、多少は致し方ないかな。
同郷のジョージア・サテライツを“レッド・ネック”と馬鹿にしたり。ロビンソン兄弟の親が(確か)業界人だったり。
そんなスノッブな印象が損してたのかな。確かにそのサウンドにも、よく勉強してるなって感じもあったりもして。
それでも。それを越えてしまう、超えて訴えかけてくる熱さと勢いと如何わしさがですねぇ、好きだったんだよな。
なんか、もう蠢いちゃうんですよね。グッと腰を落としてギター弾く様とか、歌いながら煽ってる様が目に浮かんで。
それも。頭だけじゃなくて体もね。ちゃんと肉体も鍛えてロックンロールを沁みこませたんだなって感じられて。
単なるいい子ちゃんじゃない、ロックをお勉強しましたってんじゃない、そんな連中が未だいたんだなってね。
オーティス・レディングの「Hard To Handle」をカヴァーしてるんですけど。これがまたいいんだな。
その弾け方が可愛くもあり、小憎らしくもあり。まさしく、手におえない奴等って感じでね。大好きなんですよね。
中野サンプラザ(だったかな?)で見たライヴで。出てきた瞬間に思わず笑っちゃいましたからね。
あっ、こいつら。如何わしい、手におえない。何だよぉ、自分と同じ匂いがするじゃん!なんてね(笑)。

まったく。
手におえない。
野郎どもは。
どいつも。こいつも。
カッコいいし。ご機嫌だし。
娘たちは。
どの娘も。あの娘も。
可愛いし。艶やかだし。
自然と。
勝手に。
あっと言う間に。
最高に。
楽しくなって。ご機嫌になって。
まっ、いいけどさ。

まったく。
手におえない。
最高に手のかかる。
寂しがりの。
甘ったれの。
そのうえ。
人見知りの。
ええかっこしいの。
そんな俺の友人達は、仲間達は。
どいつも。こいつも。
如何わしいけど。優しくて。温かで。
いつも受け止めてくれる、包んでくれる。
手におえない奴等ばっかりで。
まっ、いいけどさ。

手におえない奴等・・・御機嫌だぜ!

そんな御機嫌な夜でした。



web拍手 by FC2

|

« 2012/06/01 Fri *夜の白むまで / The Georgia Satellites | トップページ | 2012/06/03 Sun *未だ残ってる / Tom Petty And The Heartbreakers »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/54871640

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/06/02 Sat *手におえない奴等 / The Black Crowes:

« 2012/06/01 Fri *夜の白むまで / The Georgia Satellites | トップページ | 2012/06/03 Sun *未だ残ってる / Tom Petty And The Heartbreakers »