« 2012/06/03 Sun *未だ残ってる / Tom Petty And The Heartbreakers | トップページ | 2012/06/05 Tue *記録ではなく / Dave Davis »

2012/06/04 Mon *唯我独尊 / Lenny Kravitz

20120604areyougonnagomyway


誰かが。
歩いた道。
歩いてみたいと。
思わない。

誰かが。
歩いた跡。
辿ってみたいと。
思わない。

誰かは。
誰かであって。
俺じゃないからなぁ。
そうなんだよな。

『Are You Gonna Go My Way』'93年リリース。
なんとも自信たっぷりな、傲慢ともとられかねないタイトルを冠したレニー・クラヴィッツの3rdアルバム。
(何故か自分はこのアルバムが2ndで、こっちのアルバムが3rdだと勘違いしてたんですけどね・・・)
もう。A面頭の「Are You Gonna Go My Way」から。そのイントロのギターからキタァーって感じで。これは凄いと。
もう。これぞ。ロックンロールって感じで。およそ考えられるロックンロールのカッコ良さを全部詰め込んだかなと。
レニーって。自分と同世代なんですよね。だから。聴いてきたものとか、カッコ良く感じるものも近かったのかなと。
勝手にそんな親近感を感じてしまうほど。ほぼほぼ。そうだよね、これだよね、こうくるよねってところで。
面白いのはどう考えても'60年代後半から'70年代半ばまでのロックの匂いがプンプンするところで。
結局、国が違っても、肌の色が違っても。ロックが、ロックンロールがカッコ良いなって思ってる連中ってのは。
同じどころに引っかかって、同じところに触れて、共鳴してるんだなと。そう思わざるを得ないんですよね。
流石に。ファンクとかソウルに関しては。違いがあって。レニーのほうがより身近にそれらを感じてたんだろうけど。
それらをも上手く吸収して、消化して。レニーならではの、レニーだけのロックンロールが鳴ってるんですよね。
そりゃまぁ、このアルバム・タイトルつけちゃうだろうし。どうなんだよ?俺についてくんのかよ?って大言壮語も。
つけたくなるし、したくなるなよと。おそらくは総てがレニーの思い通りにいったアルバムだったのかなと。
確かに。あまりにも'70年代過ぎるだろって批判もありましたが。レニーはただなぞってる、倣ってるんじゃなくて。
そこに。その時代を後追いしたからこそ。聴こえたもの、観えたもの。それらを加えて昇華させてるんですよね・・・
まぁ、ぶっちゃけ言うと。そうだよ俺はあの頃の音や空気や匂いが大好きなんだよ。だからそれをやってるんだよ。
それを思いっきり楽しむ為に総てを注ぎ込んでるんだよ。それが嫌なら聴かなくていいよって。そこが大好きで。
唯我独尊な。多少オタクなロック馬鹿振りがいいんですよね。ここまでやっちゃうってのがね。堪らんですね。

誰かの。
後姿。
見ながら歩きたいと。
思わない。

誰かの。
影を。
踏みながらついていこうと。
思わない。

誰かは。
誰かであって。
俺じゃないからなぁ。
そうなんだよな。

誰かの。
歩き方。
歩いた跡。
参考にはするけど。
盗めるものは盗むけど。

そうしたら。
それが済んだら。

誰かの。
後から。
離れて。
抜けだして。
まぁ。
前にはいかなくても。
横辺りを。
勝手に歩いていたいんだな。

唯我独尊。

誰かは。
誰かであって。
自分じゃないからなぁ。
そうなんだよな。

そう。
だから。
誰もが。
本当は。

唯我独尊。

でいいんじゃないの???



web拍手 by FC2

|

« 2012/06/03 Sun *未だ残ってる / Tom Petty And The Heartbreakers | トップページ | 2012/06/05 Tue *記録ではなく / Dave Davis »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/54886242

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/06/04 Mon *唯我独尊 / Lenny Kravitz:

« 2012/06/03 Sun *未だ残ってる / Tom Petty And The Heartbreakers | トップページ | 2012/06/05 Tue *記録ではなく / Dave Davis »