« 2012/06/08 Fri *どれだけのものかは / The Rolling Stones | トップページ | 2012/06/10 Sun *日曜日の憂鬱 / Queen »

2012/06/09 Sat *地獄~、極楽~ / AC/DC

20120609ifyouwantblooduk


そこは。
地獄か。
極楽か。
その。
熱気は。
地獄の窯か。
その。
音楽は。
至上の喜びか。

それは。
地獄か。
極楽か。
いずれにしろ。
血が沸き。
肉が踊る。
それだけは。
震える心。
揺れる体。
それが答え。
それが総て。

『If You Want Blood You've Got It』'78年リリース。
AC/DC(オフィシャルでは)初めての、そしてボン・スコット生前に製作された唯一のライヴ・アルバム。
(プロモーション用には前年にこんなアルバムが制作されて配布されてました)
『Powerage』に伴うツアーのグラスゴーはアポロ・シアターでのライヴでの録音で。
「Riff Raff」「Hell Ain't A Bad Place To Be」「Problem Child」「Whoke Lotta Rosie」「High Voltage」...と。
これでもかってくらいのAC/DC、これでもかのロックンロールの大洪水です。溢れまくってます。
アンガス・ヤングは弾きまくり、のたうちまわり。ボン・スコットはこれでもかとシャウトし、雄たけびを上げて。
マルコム・ヤングとリズム隊は一体となって極上のロックンロールなグルーヴを叩き出し続けていると。
もう、これ以上ね。何を望むのと言うくらいの。ご機嫌なロックンロール・ライヴ・アルバムなのです。
そりゃね。どうせなら2枚組で。ライヴの全貌を聴きたかったとか。ちょいとミックスが軽くないかとか。
欲を言えば限がありませんが。そんな些末なことはどうでもよくなる、パワーが、確信がここにはあるのです。
平凡で退屈な日常をどこまでも叩き潰す破壊力と。永遠に続きそうな日常から高く飛翔する浮揚力。
それを併せ持つのは。どこまでも鳴り響き続けるロックンロールでしかないのだという。その信念があるのです。
その信念をぶれることなく確信へと深化させてしまった、それこそがAC/DCの素晴らしさだと思うのです。
で、その非日常へと誘うAC/DCのロックンロールがまた永遠の金太郎飴状態ってのが最高じゃないですか!
自分はガキの頃から問題児でしたからね。まぁ、間違いなく地獄行きでしょいうけどねぇ。
でも、AC/DCのメンバーもこっち側だろうからな。あのロックンロールが聴こえるなら。それも悪くはないですね!

そこが。
地獄でも。
極楽でも。
その。
熱気が。
地獄の窯ほども。
熱ければ。
その。
音楽が。
至上の喜びほども。
御機嫌ならば。

そこが。
地獄でも。
悪くはない。
極楽ならば。
それもいい。
いずれにしろ。
血が沸き。
肉が踊る。
それだけは。
震える心。
揺れる体。
それが教えてくれる。
それが総て。

地獄~。
極楽~。
そうだね。
やっぱり。
極楽だったかな!



web拍手 by FC2

|

« 2012/06/08 Fri *どれだけのものかは / The Rolling Stones | トップページ | 2012/06/10 Sun *日曜日の憂鬱 / Queen »

007 Other Countries」カテゴリの記事

018 AC/DC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/54925545

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/06/09 Sat *地獄~、極楽~ / AC/DC:

« 2012/06/08 Fri *どれだけのものかは / The Rolling Stones | トップページ | 2012/06/10 Sun *日曜日の憂鬱 / Queen »