« 2012/06/28 Thu *幾つになっても / RC サクセション | トップページ | 2012/06/30 Sat *囚われて / Clarence Carter »

2012/06/29 Fri *失楽園 / 金子マリ

20120629marifirst


楽園は。
確かに。
そこにあった。
そこにあって。
我ら。
そこに群れ集い。

同じ様な夢を抱いて。
同じものを追い求めて。
共に闘い。
共に泣き。
共に笑い。
共に歩んでいた。

それは。
確かに。
楽園だった。
遠く。
離れて。
いま、そう思う。

『Mari First』'83年リリース。
思わずつられて微笑んでしまいそうなジャケットも魅力的な金子マリのソロ・アルバム。
アルバムタイトル通りにバックス・バニー解散後も様々な活動をしていた金子マリ、初めてのソロ・アルバム。
バックはジョニー(この頃はもう結婚してたのかな?)、ルイス&チャーを中心として。
ポンタが叩いてるナンバーもあったりします。チャーとはスモーキー・メディシン以来の盟友ですもんね。
その常人ならビビっちゃいそうな面子を従えて、堂々と歌い上げる金子マリ、流石の迫力、貫録です。
下北のジャニス云々を抜きにしても。これほどの声量と表現力を持った女性ヴォーカリストもそうはいません。
雨後の竹の子の様に現れて、誰が誰かも解らんような今のジャパニーズ・R&Bシンガー擬きどもなんて。
足許にも及びませんね。それどころか。裸足で逃げ出した方が身のための様な気さえしますが・・・
やはり。その全身を使って、全霊を込めて歌う。小手先の技量になんか目もくれない。そこが違うよねと。
勿論、そうできるだけのものが備わっていてこそのことですけどね。本当に半端じゃ無い歌の力があるんだなと。
RCのステージでも歌ってた「Get To Paradise」とか。渾身のバラード「Honey」とか。聴いてるだけで楽園かな。
この十数年後に。初めてソロのライヴを観に行きましたが。あまりの迫力に一緒にいた友人が倒れましたから・・・
それ程に。聴く者の身に心に。共鳴するパワーを備えた金子マリの歌声なんです。
今は離れてしまいましたが。かってご近所に住んでいたこともあって。勝手に親近感抱いてたりしますが。
今でも社長さんで、町内会長とかやってるのかな。多忙でしょうし。清志郎も、ジョニーも亡くなってしまって。
でも。だからこそ。まだまだ。これからもマリさんには歌い続けて欲しいなと強く願っています。

楽園は。
確かに。
消えてしまった。
失われてしまった。
そこに群れ集っていた。
我らも。

夫々の夢を抱いて。
夫々に追い求めて。
あるものは自ら旅立ち。
あるものは志半ばで追われ。
あるものはそれでも残り闘い。
それぞれの道を。

そこは。
確かに。
楽園だった。
失ったこと。
それを目の当たりにして。
いま、そう思う。

失楽園。
楽園を離れて。
楽園を追われて。
でも。
楽園にいた。
その事実があるから。

また。
新たな。
楽園を探しに。
楽園を築きに。
また。
歩き始める。



web拍手 by FC2

|

« 2012/06/28 Thu *幾つになっても / RC サクセション | トップページ | 2012/06/30 Sat *囚われて / Clarence Carter »

005 Japanese」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012/06/29 Fri *失楽園 / 金子マリ:

« 2012/06/28 Thu *幾つになっても / RC サクセション | トップページ | 2012/06/30 Sat *囚われて / Clarence Carter »