« 2012/06/29 Fri *失楽園 / 金子マリ | トップページ | 2012/07/01 Sun *気の持ち様 / Candi Staton »

2012/06/30 Sat *囚われて / Clarence Carter

20120630patches


囚われて。
身動きできなくて。
もがいても。
あがいても。
どうしようもできなくて。

特に。
週末は。
囲われて。
包まれて。
抱き締められて。

囚われ人になってしまう。
でも。そう。
それこそが。
自分が望んでいたことなんだと。
並んで歩きながら。その幸せを思う。

『Patches』'70年リリース。
盲目のサザン・ソウル・シンガー、クラレンス・カーターの4thアルバム。
フェイム・スタジオで録音されて。制作はリック・ホールで。歌うはクラレンス。
これで悪いアルバムになる訳がないと言う。それほどフェイムのサウンドと相性がいいクラレンス。
オーティス・レディングと比較すると熱くも力強くもなく。どちらかと言えば淡々としていて。
しかし。その淡々とした歌声と飄々とした佇まいの内側に。熱いソウル魂を秘めているクラレンス。
その熱さは力まずとも。表に溢れ出して。いつのまにか聴く者の胸を焦がしてしまうんですよね。
胸だけじゃなくて。その身も焦がされた女性も数多くいた様で。キャンディ・ステイトンもその一人で。
ある日クラレンスの前座を務めたキャンディ。その才能を見出されて。ホールに紹介されて。
そして。何故かクラレンスと結婚してたと言う。歌のレッスンとか言いながら、この声で口説いたんだろうなぁ。
軽いのに。艶っぽくてセクシー・・・エロいんですよね。クラレンスの歌声は基本的に。
まぁ、そうでなきゃソウル・シンガーなんか魅力がないですもんね。極論、エロくてなんぼだからなぁ。
ただ、オーティスもサム・クックもエロいと同時に凄くスピリチュアルでもあるんですけど。それが無いんだな。
だから聴いてると。もう。ズブズブのドロドロみたいな気分にさせられることもあって、勿論、褒めてるんですよ!
ソウル・シンガーだけじゃなくて、人間みんなエロくてなんぼですからね。色んな意味でね。
キャンディも歌った「I'm Just A Prisoner (By Your Good Lovin')」とか。タイトル・ナンバーの「Patches」とか。
針を落とす度に。クラレンスの魅力にどんどん囚われてしまうんですよね。それが心地良いんですけどね。

囚われて。
身動きできなくて。
もがくつもりも。
あがくつもりも。
実は端っからなくて。

特に。
週末は。
囲われたくて。
包まれたくて。
抱き締められたくて。

囚われ人でいられる。
そう。そうなんだ。
これこそが。
自分が望んでいたことなんだと。
並んでグラスを傾けながら。その幸せを思う。

囚われて。

囚われたかった人に。
囚われた。
望んで。
囚われの身になった。
それは。
つまり。
望んだものを。
手にしたってことでもあって。
やっぱり。幸せなんだよね。



web拍手 by FC2

|

« 2012/06/29 Fri *失楽園 / 金子マリ | トップページ | 2012/07/01 Sun *気の持ち様 / Candi Staton »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/55100156

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/06/30 Sat *囚われて / Clarence Carter:

« 2012/06/29 Fri *失楽園 / 金子マリ | トップページ | 2012/07/01 Sun *気の持ち様 / Candi Staton »