« 2012/07/04 Wed *どこでもドア / The Doors | トップページ | 2012/07/06 Fri *お~い、ここだよぉ / Little Feat »

2012/07/05 Thu *やっぱり、こちら側 / Neil Young & Crazy Horse

20120705liverustukorg


どっち側なんだろう。
どっち側にいたいんだろう。
どっち側に立って。
どっち側で生きていこうとしてるんだろう。

それが見えない。
それが解らない。
なんてのは。
たぶん。
言い訳してるに過ぎないんだよな。

未だ。
依然と。
漠然とした。
恐怖と不安。
それがどうしても拭い去れないだけなんだ。

どっち側だなんて。
それはもう決まっているんだ。
そう。この胸の奥の深いところ。
その暗く軟らかい辺土に埋めたものが。
ざわざわと動き出そうとしているんだ。

『Live Rust』'79年リリース。
その凛とした後姿も勇ましいニール・ヤングが盟友クレイジー・ホースを率いた2枚組ライヴ・アルバム。
同名の映像作品(必見!)とは異なり、同年の全米ツアーでの複数の会場での音源が使用されてるとか(?)。
前半がアコースティック・セットで。後半がエレクトリック・セットで。そのどちらも弾きまくっているニールです。
勿論、メロディーの穏やかなナンバーもあるのですが。そこでもニールのカッティングは激しく力感に溢れていて。
「My,My Hey,Hey (Out Of The Blue)」」も「Hey,Hey My My (Into The Black)」も等しく響いてくるのです。
そして温かくも力強い二ールの歌声。何があっても揺るがない、動じもしないニールの屹立した意思の強さ。
パンク・ロック、ジョニー・ロットンの登場に触発されて。ロックンロールは不死身だと宣言したニール。
そのアルバム『Rust Never Sleeps』を携えてのツアーです。熱く滾っているニールです。
こうなったらとことん止まりません。こうなった時のニールは無敵です。どこまでも突っ走ります。
どこまでも挑み続けます。どこまでも湧き上がり溢れ出します。荒涼とした荒野を裸馬に跨り。
ライフルならぬギターを携えて。その砂塵の中を振り返ることなく進み続けるのです。
錆びるよりも燃え尽きたいと。雄雄しく声を上げ。一方で。例え錆びついたとしても、簡単には朽ち果てないぞと。
勇猛でありながら、悲壮な。そして何にも、誰にも寄らない姿が。聴く者の胸に突き刺さるのです。鋭く、深くね。
何を言われようと、時に利が無くても、例え敗れ滅び去る運命だとしても。自分の立つ側は変わりはしないと。
裏ジャケにジミヘンのバッチをつけたニールのギター・ストラップが載っています。そこにある覚悟に震えて。
誰もが倒れ、あるいは逃げ去り。誰もが日和見し、あるいは敵に回ったても。そして。独りになったとしても。
それが何ほどの事かと。それが何ほどのものかと。誰も。事も。ものも。何するものぞと。
目の前の壁が、敵が。どうしたと。立ちはだかるものが強大であればあるほど。強固であればあるほど。
凛として。こちら側から。立ち向かっていくのです。例え最後の一騎となっても。手にした武器が錆びて朽ちても。
己の身にも錆が回ろうとも。それでも突撃し続けるのです。現代のドン・キホーテ、ニール。
時に滑稽にもみえるその姿に。深く共感し。己を省みて。反省し、そして背中を押されるのです。
そうだった。こんなところで。立ち止まってるなんて、迷ってるなんて、日和ってるなんて。らしくないぜと。
錆びつき始めギシギシと音を立てる体に、心に活を入れ。自分の立つ側を思い出し。また歩き始めるのです。

どっち側なんだろう。
なんて。
どっち側にいたいんだろう。
なんて。
どっち側に立って。
どっち側で生きていこうとしてるんだろう。
なんて。

それは見えてる。
見ないようにしてただけ。
それは解ってる。
解らない振りをしてただけ。
なんてのは。
たぶん。
とっくに気づいていたんだよな。

未だ。
依然と。
漠然とした。
恐怖と不安。
それを拭い去る思い切りが。
つかなかっただけなんだ。

どっち側だなんて。
それはもう決まっているんだ。
そう。この胸の奥の深いところ。
その暗く軟らかい辺土に埋めたものが。
ざわざわと動き出し始めたんだ。
もう。止められないんだ。

だったら。
もう。
いいじゃないか。
後は。
その。
動くがままに。
思うがままに。
己の命ずるがままに。

ここに。
やっぱり、こちら側に。
立って。
歩き始める。
そして・・・
一騎、駆け始めるんだ!

ただ。焦らずに。冷静にはね。



web拍手 by FC2

|

« 2012/07/04 Wed *どこでもドア / The Doors | トップページ | 2012/07/06 Fri *お~い、ここだよぉ / Little Feat »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/55130632

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/07/05 Thu *やっぱり、こちら側 / Neil Young & Crazy Horse:

« 2012/07/04 Wed *どこでもドア / The Doors | トップページ | 2012/07/06 Fri *お~い、ここだよぉ / Little Feat »