« 2012/07/07 Sat *切って、捨てて、掃いて / Elmore James | トップページ | 2012/07/09 Mon *いいことばかりはありゃしない / B.B. King »

2012/07/08 Sun *どっしり、ゆったり / Muddy Waters

20120708kingbee


どっしり。
ゆったり。
構えて。
笑みでも浮かべて。
迎えてやろう。

どっしり。
ゆったり。
足でも組んで。
待っていてやろう。

どうせ。
来るんだし。
どうあがいても。
逃げられないんだし。
なら。いっそ。

どっしり。
ゆったり。
別に。
やせ我慢でもないんだぜ。
どうせならと。
心に決めた。それだけさ。

『King Bee』'81年リリース。
問答無用、シカゴ・ブルースの大親分、マディ・ウォーターズ。そのマディ、最後のオリジナル・アルバム。
御存じの様にその晩年は。義理の息子とまで呼んでいたらしいジョニー・ウィンターのレーベルに在籍して。
このアルバムを含めて4枚のアルバムを残したマディ。チェス時代と比べたら云々なんて輩もいますが。
そんな無粋なこと言ってどうすんのって。チェスのマディが最高なのは誰もが知ってる当たり前の事実で。
マディが、チェスでシカゴ・スタイルのバンドでのブルースをやらなかったら。もし、そんな事になってたら。
いま、この世の中にブルースどころか。ストーンズを始めとするロックだって存在して無かったわけですからね。
でも。それはそれ。これはこれ。ジョニーのレーベル、ブルー・スカイに迎えられたマディ。御年60歳を超えて。
再び精力的にブルースをやり始めた、やり続けて。もう、それだけでいいじゃないですか。マディが動いたですよ。
それにね。流石はマディで。歳と共に多少は枯れたのか、粘りが薄くなってるとこをわざとギトギトに見せる。
そのわざとらしさがね、好き嫌い別れるんでしょうけど。わざとでも、そこまで出来ちゃうってのが凄いなと。
自分に比べりゃ、みんな小僧っ子だよと。比べても仕方ないだろうと。どっしり、ゆったり。余裕も見せるマディ。
この貫録で構えられたら。そりゃ誰も敵いませんぜと。ジャケットのマディに話しかけたくなったりもして。
裏ジャケのマディがまたいい顔してるんだよなぁ。この好々爺然としたマディのやるブルースもいいってことです。
そんなマディを支える、ジョニー・ウィンターやジェリー・ポートノイ等の熱い思いの籠った演奏も見事です。
この翌々年には旅立ってしまったマディです。何かを悟っていたからこその。その余裕だったかもと思いますが。
だとしても。最後まで自分を慕い、敬愛するメンバー達とこんなブルースをやれて、こんなアルバムを創れて。
幸せだったろうなと。その意味ではジョニーに感謝したいかな。そうだなぁ・・・
前田日明が、カール・ゴッチの面倒を最後まで診ていた西村修に感謝するのに近い気持ちかなぁ、違うか(笑)。

どっしり。
ゆったり。
構えて。
笑みでも浮かべて。
迎えてやろう。

どっしり。
ゆったり。
足でも組んで。
待っていてやろう。

どうせ。
来るんだし。
どうあがいても。
逃げられないんだし。
なら。いっそ。

どっしり。
ゆったり。
別に。
やせ我慢でもないんだぜ。
どうせならと。
心に決めた。それだけさ。

さぁ、来いよ。
どうせ来るんだろう。
さぁ、来てみろよ。
どう、あがいても来るんだろう。
もう。
逃げも隠れもしないからよ。

どっしり。
ゆったり。
構えて。
笑みでも浮かべて。
足でも組んで。
迎えてやるぜ。
待っててやるぜ。
さぁ、さぁ、さぁ。

やせ我慢でもないんだぜ。
どうせならと。
心に決めた。それだけさ。

さぁ、来いよ。
さぁ、来てみろよ。
月曜日!
どっしり。
ゆったり。
・・・とはいかないみたいだな。
まだまだ小僧っ子だな。俺も(苦笑)。



web拍手 by FC2

|

« 2012/07/07 Sat *切って、捨てて、掃いて / Elmore James | トップページ | 2012/07/09 Mon *いいことばかりはありゃしない / B.B. King »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/55153453

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/07/08 Sun *どっしり、ゆったり / Muddy Waters:

« 2012/07/07 Sat *切って、捨てて、掃いて / Elmore James | トップページ | 2012/07/09 Mon *いいことばかりはありゃしない / B.B. King »