« 2012/07/09 Mon *いいことばかりはありゃしない / B.B. King | トップページ | 2012/07/11 Wed *望め、欲しがれ、手に入れろ / The Rolling Stones »

2012/07/10 Tue *三兎物語 / Hound Dog Taylor And The Houserockers

20120710hounddogtaylor


どうやら。
本当に。
スイッチが。
入ったみたいで。
こうなったら。
止まらない。

一度。
入ったら。
捕らえるまで。
得るまで。
狩るまで。
止まらない。

笑いが。
止まらない。
震えが。
止まらない。
ニヤニヤ。
ワクワク。

さぁ。
どうせなら。
一兎と言わずに。
二兎、追いかけよう。
いやいや。
どうせやるなら、とことん、ねっ。

『Hound Dog Taylor And The Houserockers』'71年リリース。
ブルース界屈指の個性の持ち主だったギタリスト、ハウンド・ドッグ・テイラーの1stアルバム。
その強烈なスライドで聴く者の脳天まで震わせたテイラー、そしてテイラーを煽り、支えたハウスロッカーズ。
よくエルモア・ジェムズの流れを汲んだとか、直系のと評されるテイラーですが。実はエルモアより年長で。
'15年に生まれて。'40年代にはシカゴで活動を始めていたんだとか。僅かながら録音の機会もあったものの。
当時は未だ個性も確立されていなかったもたいで。活動も先細り。そのままシーンから消えていったのですが。
雌伏数十年(本人がどう思っていたかは知りませんが)シカゴのブルース・クラブで演奏してるのを発見されて。
その凄さにぶっ飛ばされて。テイラーのアルバムを創る為だけにレコード会社を立ち上げちゃった人がいたと。
それがブルース・イグアロその人で、それがアリゲーター・レコードの創立の由縁だったと言う。
イグアロも凄いけど。それを決意させたテイラー、そしてハウスロッカーズが如何に凄く、刺激的だったのかと。
それは。初めはイグアロの自宅兼事務所で梱包され。自家用車に積み込んで各地のラジオ局に配られたと言う。
このアルバムに針を落とせば一瞬にして感じられるってもので。ここまで原始的で野生のままの。
思いのまま、激情のままのギター、ブルースなんて、そうは無いだろうと。まさに本能のままの猟犬の如しで。
ベース・レスのトリオと言う特異な編成を最大限に生かした、自由奔放で縦横無尽なブルースが痛快です。
もし。パンク・ブルースなるものが存在するなら。このアルバム、そしてテイラーとハウスロッカーズを指すのだと。
それ程に痛快なのです。尤も。レコーディング時にテイラーはバンドにベーシストを参加させたがったとか。
それをイグアロがいつものクラブでのギグのままでと説得したんだとか。それが大正解だった訳ですが。
実は特異な編成は苦肉の策で。テイラーは心の底では正統派のシカゴ・ブルースをやりたかったのかも・・・
そうならなかったから。エグくてもカラッとした。唯一無比の個性が世に残ったんですけどね。
'75年に亡くなってしまった。テイラー。世に出て僅か4年。残念だなぁ。もう、こんな人、出てこないだろうなぁ。

どうやら。
本当に。
スイッチを。
入れる時が来た様で。
こうなったら。
逃しはしない。

一度。
入れたら。
捕らえるまで。
得るまで。
モノにするまで。
切れはしない。

頭が。
回り出す。
言葉が。
溢れ出す。
グルグル。
ドクドク。

さぁ。
どうせなら。
一兎と言わずに。
二兎、手に入れよう。
いやいや。
どうせやるなら、とことん、だな。

二兎を追うもの一兎も得ず。
ならば。
三兎捕らえちゃえば。
得ちゃえば。狩っちゃえば。
手に入れちゃえば。
いいんでしょう。

スイッチが入った。
物語が始まった。

ところで。
覚悟はできてるのかな(笑)。



web拍手 by FC2

|

« 2012/07/09 Mon *いいことばかりはありゃしない / B.B. King | トップページ | 2012/07/11 Wed *望め、欲しがれ、手に入れろ / The Rolling Stones »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/55167530

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/07/10 Tue *三兎物語 / Hound Dog Taylor And The Houserockers:

« 2012/07/09 Mon *いいことばかりはありゃしない / B.B. King | トップページ | 2012/07/11 Wed *望め、欲しがれ、手に入れろ / The Rolling Stones »