« 2012/07/17 Tue *ざわ・・・ざわ・・・ / Brenda Holloway | トップページ | 2012/07/19 Thu *当意即妙 / Aretha Franklin »

2012/07/18 Wed *うまくやっていこう / Marvin Gaye

20120718letsgetiton


うまくやっていくしか。
うまくつきあっていくしか。
ないんだなと。

何とって。
それは。
まぁ。
色々で。
色々ってのは。
まぁ。
色々あるでしょ。そりゃと。

あまりの暑さに。
身体は早くもバテ気味で。
精神だってそんなにタフじゃない。

何はなくても。
きついのに。
これじゃ。
色々と。
大変になるのは目に見えてるので。
見えてるんだったら。
手は打たないとねと。そりゃね。

『Let's Get It On』'73年リリース。
かの『What's Going On』に続くマーヴィン・ゲイの傑作アルバム。
(実は間に映画のサントラ盤を1枚手掛けてるそうですが)
前作がその崇高な精神性と鋭い問題意識で傑作の名をほしいままにしているのに対し。
このアルバムはあまりに対照的なその肉体性、そのものずばりの愛と性を赤裸々に歌って傑作にと。
精神と肉体、聖と俗、常にその相反する両面の間で揺れ動いていたマーヴィン・・・ってのが通説で。
そればかりで語られるのはどうよと。確かにまぁ、アルバム・タイトルからしてそのものズバリですしね。
そのタイトル・ナンバー、「Let's Get It On」は某バラカン氏も女性を口説くのに使ってたとかってほどですから。
他にも女性の喘ぎ声が入ったナンバーもあるし。確かマーヴィンはこの頃、若い彼女に夢中だったとか。
まぁ、そういうアルバムなのは確かなんですけどね。不思議と。そこまで生々しくも無いかなと。
そこがマーヴィンの天賦の才で。その歌声はセクシーなんですけどね。エロティック過ぎはしないとね。
なんか聖と俗が一曲の中で同居しちゃうみたいなところ。それがマーヴィンの凄さ、新しさだったのかなと。
勿論、婦女子が黄色い声で失神しちゃうくらいには、十分にセクシーなんですけどね。
そのセクシーさがどこかでメローにも繋がってる。そこを意識してたかどうかはあれですけど。うまくやったなと。
そうそう。このアルバム・タイトル、元々はうまくやっていこうみたいな意味でしょ。それが転じてな訳で・・・
マーヴィンが色々と複雑な環境にあったのは事実で。その中でうまくやっていく術を身に着けざるを得なかったと。
それがマーヴィンの歌声を特別なものにしたのかも。しかし、まぁ、このアルバムは・・・やっぱりエロいな(笑)。

うまくやっていくしか。
うまくつきあっていくしか。
ないんだなと。

何とだって。
それは。
まぁ。
色々あるので。
あるからには。
まぁ。
色々うまくやらなきゃ。そりゃと。

この暑さじゃなくたって。
身体はどうもバテ気味で。
精神なんかタフじゃいられない。

何はなくても。
きついから。
そりゃ。
色々と。
大変になるのは致し方ないけれど。
それはそれで。
手を拱いているだけじゃねと。そりゃね。

色々な。
思いとか。
志とか。
計算とか。
欲望とか。
その他諸々とか。

まぁ。
うまくやっていこう。



web拍手 by FC2

|

« 2012/07/17 Tue *ざわ・・・ざわ・・・ / Brenda Holloway | トップページ | 2012/07/19 Thu *当意即妙 / Aretha Franklin »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/55227516

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/07/18 Wed *うまくやっていこう / Marvin Gaye:

« 2012/07/17 Tue *ざわ・・・ざわ・・・ / Brenda Holloway | トップページ | 2012/07/19 Thu *当意即妙 / Aretha Franklin »