« 2012/07/18 Wed *うまくやっていこう / Marvin Gaye | トップページ | 2012/07/20 Fri *次から次へ / Tower Of Power »

2012/07/19 Thu *当意即妙 / Aretha Franklin

20120719soulsixtynine


相手に合わせて。
その場の空気の。
流れを読んで。
合わせて。共に漂って。
いつの間にやら。

臨機応変に。
切り替えて。
微調整しながら。
様子を見ながら。頷きながら。
いつの間にやら。

掌の上で。
転がす様に。
気づかぬうちに。
気づいてみたら。あれ、なんでと。
思いのままに。

『Soul '69』'69年リリース。
タイトル通りに'69年にリリースされたアレサ・フランクリンのアルバム。
そしてタイトルに反してジャズの香りも濃厚なアレサのアルバムだったりします。
コロンビア時代に。意に染まぬジャージーなアルバムばかり創らされて。
アトランティックに移籍して。ようやく。その思いのままにソウルフルな歌声を披露できた・・・
なんてのが。アレサの歴史が語られる上での通説だったりしますが。
このアルバムを聴くと。おやおやと。意外とそのジャズ路線にはアレサの意志もあったのかなと。
そう思ってしまうくらいに。このアルバムでのアレサ。見事にジャージーなサウンドを従えています。
鮮やかに乗りこなして。いつもと変わらぬその比類なく素晴しい歌声を聴かせてくれているのです。
そう。バックがどんなサウンドであれ。ちゃんと合わせて。流れに乗って。そして。
いつの間にか。自分のものとして。掌握して、自在に動かしてしまう力がアレサの歌声にはあるのです。
相手がワルツを踊ればワルツを、タンゴを踊ればタンゴを踊るだけとか何とか言いながら。
鮮やかに試合全体を自分の支配下に置いてしまうニック・ボックウィンクルって名プロレスラーがいましたが。
このアルバムのアレサの歌声を聴いてて。ちょっと思いだしてしまったりしました。鮮やかなものだなと。
ジャズであれ、ロックであれ、ゴスペルであれ、そして勿論ソウルであれ。思うがままに支配できる。
臨機応変に、当意即妙に。しかも。それを殆ど意識もせずにやってのける。歌の力がここにはあるのです。
そうか。その力を得たのはアトランティックに移籍してからで。だからコロンビア時代は花開かなかったのかも。

相手に合わせて。
その場の空気の。
流れを読んで。
捉まえて。手繰り寄せて。
いつの間にやら。

当意即妙に。
受け応えて。
対応しながら。
その先を感じながら。落としながら。
いつの間にやら。

見えない糸で。
操る様に。
気づかれぬうちに。
気づいてみたら。あれ、なんでと。
意のままに。

臨機応変・・・
当意即妙。

意識もせずに。
転がせたら。
操れたら。
そろそろ。
調子が戻ってきたかなと。

当意即妙。

その心地良さ。
それがあるから。
止められないんだな(笑)。



web拍手 by FC2

|

« 2012/07/18 Wed *うまくやっていこう / Marvin Gaye | トップページ | 2012/07/20 Fri *次から次へ / Tower Of Power »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/55234097

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/07/19 Thu *当意即妙 / Aretha Franklin:

« 2012/07/18 Wed *うまくやっていこう / Marvin Gaye | トップページ | 2012/07/20 Fri *次から次へ / Tower Of Power »