« 2012/08/22 Wed *出会った、集めた、後は・・・ / The Beatles | トップページ | 2012/08/24 Fri *何故? / Jimmy Hughes »

2012/08/23 Thu *日の終りまで / The Kinks

20120823thekinksgreatesthits


日の終りまで。

朝、目覚めて。
夜、眠りに落ちるまで。
その間。
一度スイッチが入ると。
切れなくて。落ちなくて。

電流が流れて。
電撃が奔って。
その余韻が。
その痺れが。
抜けないままで。

そのままの。
勢いで。
テンションで。
回ったまま。動いたまま。
走り続けてしまう。

日の終りまで。

『Greatest Hits !』'66年リリース。
ジャケットもカッコいい、キンクスの米国編集によるベスト・アルバム。
「You Really Got Me」も「Till The End Of The Day」も「All Day And All Of The Night」もと。
当時のキンクスのご機嫌なヒット曲を、12曲収録していて。全米チャートでも当然の様にTOP10入り。
ところが前年の全米ツアー中に色々とトラブルを犯したとかで。キンクスは4年間の入国禁止処分中だったと。
なんともまぁ、キンクスらしいっちゃぁ、らしい状態で。勢いに乗って全米制覇とはならなかったと。
トホホと言えばトホホな話なんですが。故に英国での活動重点を置かざるを得ず、目を向けざるを得ず。
それが、その後の。キンクスならではの。なんとも英国的なサウンドとその世界を生み出す要因になったのかも。
兎も角。内向的(?)になる前の。それでも捻くれてはいるものの。弾けまくってたキンクスの姿がここにあります。
まぁ、先ずは「You Really Got Me」のそのイントロで。電流が流れて。電撃が奔って。そのまま痺れたままで。
「Till The End Of The Day」、「All Day And All Of The Night」...やっぱり。この硬質で尖がったサウンド。
これこそが最初期のキンキー・サウンドで。そのクールさもまたテンションを上げてくれるよなと。来るなぁと。
また。何故だかこのアルバム。エコーが幾分か(かなりかな)強くかかっていて。それが余韻を増幅させてると。
何の為に、そんなミックスを施したのか。意図は不明なのですが。結果的にはキンクスの魅力を増強したかなと。
レイ・デイヴィスならではの皮肉の効いた、捻くれた世界観も勿論キンクスの魅力ではありますが。
クールでいながら、ハイテンションな尖がったところも。また間違いなくキンクスの魅力なのです。御機嫌だなぁ。

日の終りまで。

朝、目覚めて。
夜、眠りに落ちるまで。
毎日。毎日。
どこかでスイッチが入ると。
切ることも、落とすことも。忘れて。

電流は流れっぱなし。
電撃も奔りっぱなし。
その余韻の中で。
それに痺れたままで。
抜けてないのに気付かずに。

そのままの。
勢いを。
テンションを。
保ったまま。維持したまま。
走り続けてしまう。

日の終りまで。

それはそれで。
御機嫌で。
心地良くもあるけれど。
知らず知らずのうちに。
疲労が溜まってしまったりもして。

だから。

日の終り。
その前に。
少しなだらかに。
少し穏やかに。
下げて。落として。落ち着かせよう。

それでも。
どこかで。
どこかは。
入ってる。上がってる。

日の終りまで。



web拍手 by FC2

|

« 2012/08/22 Wed *出会った、集めた、後は・・・ / The Beatles | トップページ | 2012/08/24 Fri *何故? / Jimmy Hughes »

001 British Rock」カテゴリの記事

013 The Kinks」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/55498857

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/08/23 Thu *日の終りまで / The Kinks:

« 2012/08/22 Wed *出会った、集めた、後は・・・ / The Beatles | トップページ | 2012/08/24 Fri *何故? / Jimmy Hughes »