« 2012/08/29 Wed *甘いのはどっちだろ? / Elmore James & John Brim | トップページ | 2012/08/31 Fri *おいてきたもの / Buddy Guy »

2012/08/30 Thu *誰が相手でも / B.B. King

20120830liveatcookcountijail


一応。
それで。
その道で。
飯を食ってる。
そうであれば。

一応。
その自覚は。
その自信は。
胸に、腕にある。
そうならば。

どんな舞台でも。
誰が相手でも。
その腕で。
勝負できなければ。
勝負にしなければ。

何の意味も無い。
何の価値も無い。
何の面白味も無い。
それを楽しめる。
度胸が。余裕が。
あるか。ないか。
それだけのこと。

『Live In Cook County Jail』'71年リリース。
タイトル通りに、シカゴのクック郡刑務所で収録されたB.B.キングのライヴ・アルバム。
数多くのライヴ・アルバムがあるB.B.です。あまりに多すぎてまともに数えたこともありませんが。
その中でも最高傑作との誉れも高い『Live At The Regal』と比肩しうるだけの、これまた傑作です。
さて。刑務所での所謂慰問公演ですから。当然、聴衆、観客は囚人達と言うことになります。それも結構な人数。
何故その様な公演が録音されリリースされたのか。待遇改善だか施設改修の資金集めだったとの説もあります。
それはともかく。開演前の(恐らくは)MCに浴びせられるブーイングからして殺気立っていて。うわぁと。
否が応でも。通常の状態、環境、舞台では無かったことは容易に察せられるのですが。それには構わず・・・
否、却って挑みかからんがばかりの勢いでギターを弾き始め、攻撃的なテンションでブルースを奏でるB.B.。
そのテンションの高さが緊張感を生んで。囚人達が固唾を飲みながらもグイグイと惹きこまれていく様。
その様が見事に捉えられていて。聴いている者も思わず一緒に惹きこまれてしまうのです。流石はB.B.です。
そうやって惹きこんでおいて。ためるところはグッとためて。啼かせるところは思いっきり啼かせて。
もう囚人達が、我が身の境遇も忘れて。酔いしれて狂喜する様になっていく様が、これまた実に鮮明で。
そして。ブーイングが歓声に変わった会場に愛情とユーモアの混じったMCをして。最後のスロー・ブルースへと。
大団円を迎えてバンドの演奏を背に退場するB.B.に送られる拍手喝采と。これぞ。プロの仕事だなと。
舞台も観客も選ばない。誰が相手でも。その腕で勝負して、勝負にして。勝ってみせる、納得させてしまう。
確かに選曲やフレーズはマンネリかもしれない。それでもそこに無類の説得力がある。プロの中のプロなのです。

曲がりなりにも。
これで。
この道で。
飯を食ってる。
そうであれば。

一応。
その矜持は。
その心意気は。
胸に、腕に宿ってる。
そうならば。

舞台に上がったら。
誰かと向かい合ったなら。
その腕で。
勝負できなければ。
勝負にしなければ。

何の意味があるだろう。
何の価値があるだろう。
何の面白味があるだろう。
それを楽しまなきゃ勿体ない。
その度胸を。その余裕を。
持てるか。持てないか。
それだけのこと。

舞台がどこでも。
誰が相手でも。
演じきってみせよう。
見得を切ってやろう。
大向うを唸らせてやろう。

でなければ。
楽しくない。楽しめない。
プロじゃない。

あんまり。
認めたくは無いんだけど。
いまの“お仕事”好きなんだろうなぁ(笑)。



web拍手 by FC2

|

« 2012/08/29 Wed *甘いのはどっちだろ? / Elmore James & John Brim | トップページ | 2012/08/31 Fri *おいてきたもの / Buddy Guy »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

僕はリーガルより、こっちの方が好きだな。臨場感が抜群。BBが囚人たちに説教たれるところまで記録されてて。

僕もむかしR&Bバンドで年少を慰問したことがあるよ。演歌のお兄さんと民謡のオバサンとパッケージで。演奏はじめはすごく緊張したけど途中からすごく楽しくなったたぁ。

投稿: イトう | 2012-08-31 13:48

イトうさん、慰問したんですか?へぇ、それは知らなかったなぁ。
リーガルよりこっちってファンも多いみたいですね。
セット・リスト的にはもうマンネリになってる頃だけど。テンションが異常に高いからかなぁ。

投稿: TAC | 2012-08-31 18:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/55544073

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/08/30 Thu *誰が相手でも / B.B. King:

« 2012/08/29 Wed *甘いのはどっちだろ? / Elmore James & John Brim | トップページ | 2012/08/31 Fri *おいてきたもの / Buddy Guy »