« 2012/09/07 Fri *閉店ガラガラ / O.V. Wright | トップページ | 2012/09/09 Sun *ぶっちゃけ言えば / Bobby Womack »

2012/09/08 Sat *土曜の夜、熱気の中で / Various Artists

20120908apollosaturdaynight


土曜の夜。
その熱気の中で。
歩き回って。
訪ねて。観て。
話して。探って。

土曜の夜。
その熱気の中で。
出会いがあって。
痺れて。刺激されて。
手が合って。楽しめて。

土曜の夜。
熱気の中で。
バテてもいるけど。
吹き抜ける夜風の様な。
心地良さもあって。

土曜の夜。
熱気の中で。
楽しんでもいる。

『Apollo Saturday Night』'64年リリース。
黒人音楽の殿堂、ニューヨークのアポロ・シアター。
そのアポロ・シアターで'63年11月16日の夜に行われた熱いショーの模様を収録したライヴ・アルバム。
その舞台に上がるのは収録順に、ザ・ファルコンズオーティス・レディング、ドリス・トロイ、ルーファス・トーマス・・・
ザ・コースターズ、そしてベンE.キングと言った錚々たる豪華なメンバーです。凄いなぁ、その場にいたかったな。
惜しむらくは。ザ・ファルコンズはウィルソン・ピケット脱退後の面子で。ザ・コースターズも全盛期の面子ではなく。
でも。その2組も含めて。総てのアーティストが熱く、そして楽しく土曜の夜を彩っている。その様が手に取る様で。
その気合の入り方に。彼等にとってもアポロ・シアターが如何に特別な場所だったのかが解ろうってものです。
ファンキーで、しかも観客を盛り上げるコツを知り尽くしたルーファス・トーマスの楽しいパフォーマンスも最高だし。
ゴスペル・出身らしくコール&レスポンスで客席をその掌中にしてみせるドリス・トロイの見事ですしね。
当時人気の絶頂にあったベンE.キングなんて。その観客の盛り上がり、大合唱となる様は実に圧巻です。
そしてそして。あのオーティス・レディングのニューヨークにおける初めてのステージの模様が収録されている。
そのなんと貴重な事、素晴しい事。オーティスってこの時点ではシングル盤を数枚出しただけの駆け出しで。
しかも「Pain In My Heart」「These Arms Of Mine」とスロー・バラードを2曲披露しているのみなのに。
観客、特に女性客の反応の凄まじい事。その只者じゃ無い加減、セクシーでスケールも桁違いで。
それでもこの時点では未だ青くさくもあった筈で。その無限にも感じさせる可能性は。他の出演者もまぁ。色々と。
ベンE.キングがいつも以上に熱唱してる感があるのも。全員でのフィナーレもやけに力が入ってるのは。
総てがオーティス効果ってのは大袈裟かもしれませんが。この土曜の夜を必要以上に熱くしたのは・・・ねぇ・・・

土曜の夜。
その熱気の中で。
歩き回って。
訪ねて。観て。
色々と刺激されて。

土曜の夜。
その熱気の中で。
出会いがあって。
手が合って。楽しめて。
出会いも。いいものも手に入れて。

土曜の夜。
熱気の中で。
バテてもいるけど。
夏祭りのお囃子の様な。
賑やかさも悪くなくて。

土曜の夜。
熱気の中で。
楽しんでもいる。

楽しみもしたから。
土曜の夜。
熱気の中で。
最後はいつものドアを開けて。
いつものカウンターに座って。
いつものグラスを傾けながら。

土曜の夜。
熱気の中で。
その至福を。
噛み締めている。



web拍手 by FC2

|

« 2012/09/07 Fri *閉店ガラガラ / O.V. Wright | トップページ | 2012/09/09 Sun *ぶっちゃけ言えば / Bobby Womack »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/55612594

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/09/08 Sat *土曜の夜、熱気の中で / Various Artists:

« 2012/09/07 Fri *閉店ガラガラ / O.V. Wright | トップページ | 2012/09/09 Sun *ぶっちゃけ言えば / Bobby Womack »