« 2012/09/09 Sun *ぶっちゃけ言えば / Bobby Womack | トップページ | 2012/09/11 Tue *風は吹いている / Jeff Beck »

2012/09/10 Mon * 独り / Mick Taylor

20120910micktaylor


独り。
だと思ったのか。
独りに。
なりたくなったのか。
なぁ、どうだったのかな。

独り。
なんかじゃなかったのに。
独りだと。
思わせちゃったのかな。
なぁ、どうだったのかな。

人は皆。
独りっちゃ独り。
でも。
独りじゃないってのも。
また、確かだと思うんだけど。

独り。
だったのかな。
独りに。
させちゃったのかな。
なぁ、どうにもならなかったのかな。

『Mick Taylor』'79年リリース。
ローリング・ストーンズを脱退したミック・テイラー。4年半の歳月を経て満を持してのソロ・アルバム。
ミック・テイラーがストーンズを辞めた理由は。方向性の違いとか。自分の好きな音楽をやりたくなったとか。
ミックとキースにいつまでも認められなくて。クレジットもしてもらえなかったからとか。まぁ、諸説ありますが。
多分に。ストーンズですからね。取り巻く有象無象から離れたくなった。独りになりたくなったてのもあったかと。
現に。このアルバムに至るまでも。頓挫したジャック・ブルースとのバンドやセッションはあったものの。
4年半かかってますからね。で、その後もご存知の様に。まったくのマイ・ペースで。まったくねぇ、いいけどね。
このアルバム、全9作総て作曲はミック・テイラー自身で。歌ものが4曲。残りの5曲がインストで。
そのメロディ・ラインも如何にもミック・テイラーらしいものだし。それを奏でるギターもね。あぁ、そうだよねと。
この繊細で流麗で。でも時に火を噴く様な激しさが顔を出すのが。ミック・テイラーならではだよなと。
で、歌。これも意外と悪くなくて。上手くは無いし、ぶっきらぼうだけど味わいはあるんですよね。そうかと。
これならね。これだけの才能を持ってたら。独りでやってみたくもなるかもねと。それだけの作品になってます。
今夜、本当に久しぶりに針を落として。しみじみね。いいアルバムだなと、改めてね。沁みるよなぁと。
惜しむらくは。それが生来の気質なのか。本当にマイ・ペースで。次のアルバムが11年後のライヴ・アルバムで。
その後も。ライヴは精力的に行っているものの。まともなフル・アルバムは1枚創ったきりなのかな・・・
10年ほど前に。ロンドンでライヴを、ギターを弾く姿をそれこそ目の前で観ましたが。その時の印象からすると。
完璧主義者でもあるのかなと。納得のいく音、フレーズが見つからないと。延々と探してる感もあったので・・・

・・・8年前の今日。今夜。最後にあの人が聴いていたであろうアルバムの一枚がこのアルバムで。
主のいなくなった店内のCDプレイヤーにセットされたままのこのアルバムのディスク。目に焼き付いていて。
最後の夜。最後の数十分。何を思い、何を感じながら。ミック・テイラーのギターに耳を傾けていたんだろうかって。
なぁ、どうだったのかな。何を思っていたんだろう。何を感じていたんだろう。何故、このアルバムだったのか。
あの日から。聴けなくて。今夜、初めて針を落としたけど。やっぱり。解らないな。多分、一生解らないのかな・・・

独り。
だと思ったのなら。
独りに。
なりたくなったのなら。
なぜ、気づけなかったんだろう。

独り。
なんかじゃないんだぜと。
独りだと。
思う必要なんてないんだぜって。
なぜ、伝えられなかったんだろう。

人は皆。
独りっちゃ独り。
でも。
独りじゃないってのも。
また、確かだと言えなかったんだろう。

独り。
じゃなかったのに。
独りに。
させちゃったんだな。
あぁ、どうしようもねぇなぁ。

あんなに。
近くにいたのに。
あんなに。
一緒にいたのに。
少なくとも。
俺はそう信じていたのに。
あなたが。
独りでいることに。
独りになってしまったことに。
気づけなかったなんて。
まったく。大馬鹿野郎だな。

8年経って。
今でも。
悲しくて。切なくて。
なによりも。
悔しくて。悔しくて。悔しくて。
ふとした瞬間に。
涙が溢れてくる。
叫びだしくて堪らなくなる。
きっと。
同じ思いの人達が。
それなりにいる。
いるんだよ。

だから。
独りなんかじゃ。
なかったのにな。
何で。
独りにさせちまったのかな。
何で。
独りだなんて思ってるって。
気づいてあげられなかったのかな。
まったく。大馬鹿野郎だな。

そう。
馬鹿。
大馬鹿。
だから。
俺は独りにはならない。
そして。
もう誰も独りにはさせない。

だから。
寂しいかもしれないけど。
もう少し。
こっちで転がり続けるからさ。
もう少し。
そっちで一緒に飲むのは待っててくれよ。
そう。
この大馬鹿野郎が。
どこまで転がれるのか。
空の上から見ながら待っててくれよ。

じゃ、またね。
献杯。



web拍手 by FC2

|

« 2012/09/09 Sun *ぶっちゃけ言えば / Bobby Womack | トップページ | 2012/09/11 Tue *風は吹いている / Jeff Beck »

001 British Rock」カテゴリの記事

008 The Rolling Stones」カテゴリの記事

コメント

今年もみんなで飲んだくれてました。今だにわからなないことばかりですね。そのCD、私が持ってます。

投稿: MICK KAZU | 2012-09-12 18:09

そうか。KAZUさんがお持ちでしたか。うん・・・良かった。
確かに。解らないことばかりで。解ることと言えば。
生き残ってる人間はとことん生き続ける、転がり続けるしかないってことですかね。

昨年は会いに行けなかったので。今年は会いに行ってきましたよ。
http://jumpintacflash.cocolog-nifty.com/a_hermits_nonsense/2012/09/post-bdef.html

投稿: TAC | 2012-09-12 19:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/55628446

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/09/10 Mon * 独り / Mick Taylor:

« 2012/09/09 Sun *ぶっちゃけ言えば / Bobby Womack | トップページ | 2012/09/11 Tue *風は吹いている / Jeff Beck »